仏教の「成仏陀教法」の略である It is an abbreviation of Buddhism’s “Buddhist teaching method.”

  1. 仏教の「成仏陀教法」の略である「仏陀に成るための教えと法」において、「法」とは修行法や成仏法を指し、「教え」とは学問的なものを表す。
  2. お釈迦様は「阿含経」において「七科三十七道品」を通じた最も重要な修行法、成仏法を説かれ、これが仏陀に成るための法そのものであるとされる。
  3. 大乗仏教は成仏法を隠ぺいし、菩薩の概念を作り出して他力本願の概念を強調し、これが現代の日本仏教において中心となっている。
  4. 阿含経にはお釈迦様が成仏法を編成し、その場で決定した状況が詳細に記載されており、大乗仏教がこれを理解していないと主張されている。
  5. 大乗仏教が成仏法を変化させるという考えは根拠がなく、阿含経には仏が常に「七科三十七道品」による修行法を教えると明記されている。
  6. 実践的な修行は「安那般那念法」を含む阿含経の成仏法から始まり、これが大乗仏教が理解していない真理であると述べられている。
  7. 成仏法を習得しない限り絶対に成仏できないと主張され、その中でも「安那般那念法」が重要であり、これが大乗仏教が理解していない点の一つであると指摘されている。

In “Teachings and Laws for Becoming a Buddha,” which is an abbreviation for the Buddhist teachings for attaining Buddhahood, “Dharma” refers to training methods and Buddhahood methods, and “Teachings” refers to academic matters.
In the “Agon Sutra,” the Buddha taught the most important training method, the method of attaining Buddhahood, through the “Seven Courses and Thirty-Seven Ways,” and this is said to be the very method for becoming a Buddha.
Mahayana Buddhism conceals the Buddhahood method, creates the concept of a bodhisattva, and emphasizes the concept of other-power original vows, which is central to modern Japanese Buddhism.
The Agon Sutra contains detailed descriptions of the circumstances in which Shakyamuni Buddha organized the Dharma for attaining Buddhahood and made decisions on the spot, and it is argued that Mahayana Buddhism does not understand this.
The idea that Mahayana Buddhism changes the method of attaining Buddhahood is groundless, as the Agon Sutra clearly states that the Buddha always teaches the method of training according to the “Seven Sciences and Thirty-Seven Ways and Principles.”
Practical training begins with the Agon Sutra’s Buddhist attainment method, which includes “Annahanna Nendharma,” which is said to be a truth that Mahayana Buddhism does not understand.
It is argued that one will never be able to attain Buddhahood unless one learns the Dharma of attaining Buddhahood, and among these, “Annahanna Nendharma” is important, and it has been pointed out that this is one of the points that Mahayana Buddhism does not understand.

仏教とは、「成仏陀教法」の略です。「仏陀に成るための教えと法」という意味です。ここで、「教え」とは別の概念である「法」というものについて、着目してみたいと思います。法、仏法とは、修行法、成仏法という意味です。学問的な「教え」とは、別の概念です。

それでは、お釈迦様は、どのような修行法、成仏法をお説きになられたのでしょうか?

お釈迦様は、いくつもの修行法、成仏法を残して下さいました。その中で、最も重要な修行法、成仏法をご紹介したいと思います。

最も重要な修行法は、釈尊直説の唯一の経典「阿含経」(あごんきょう)に書かれている「七科三十七道品」(しちかさんじゅうしちどうほん)あるいは 「三十七菩提分法」(さんじゅうしちぼだいぶんぽう)あるいは、単に「道品法」(どうぼんほう)と呼ばれている修行法です。

成仏法とは、人が仏陀に成ることができる修行法のことです。他の修行法は、人を高めることはできますが、仏陀にまでは成ることはできません。ここが、単なる修行法と、成仏法の違いです。成仏法は、釈尊直説の唯一の経典「阿含経」(あごんきょう)にしか書かれていません。 「七科三十七道品」は、7科目37種類の修行法があります。詳しくは、阿含宗のこちらのページをご覧下さい。

この成仏法が、仏教にとって、最も重要であることは、言うまでもありません。仏陀に成るための法そのものなのですから。ところが、大乗仏教は、この成仏法を隠ぺいし、黙殺してしまったのです。

後世の大乗仏教は、仏教を大衆化するため、その障害となる、真の成仏法が書かれている阿含経を「小乗仏教」とさげすみ、厳しい、難しい修行法は、どんどん削除していきました。そうして、最終的には、菩薩という概念を作り出し、菩薩の慈悲におすがりすれば、修行は不要という他力本願の概念まで作り出してしまったのです。その大乗仏教が、今日の日本仏教の中心となってしまっているのです。もちろん、密教や禅宗は、他力本願ばかりではないので、多少とも違うというご意見がおありかと思いますが、それでも、阿含経を隠ぺい、黙殺し、阿含経に唯一書かれている肝心の成仏法を修行していない点には、変わりは無いのです。こうして大乗仏教は、大衆化のために、成仏法を隠ぺい、黙殺したニセの仏教となっていったのです。

「成仏法」が、どのようにしてできたのか、そのいきさつについても、きちんと阿含経に書かれています。阿含経には、お釈迦様が「成仏法」をお作りになられた状況が、克明に記載されているのです。 ご紹介します。

このお経は、お釈迦さまが、ご自分の成道の経緯をお説きになられた経典です。

<中阿含経 羅摩経>

お釈迦さまは、心機一転して、それまでの六年麻麦(まばく)の苦行を離れ、ネーランジャラー河において、村長の娘スジャータの乳ガユの供養を受け、聖地 ガヤーのピッパラ樹(菩提樹)の下に瞑想の座を定めました。ここでお釈迦さまは、悟りを開き、仏陀と成なれるのですが、その時の、状況が記されたお経です。

『我、すなわち座を解かずして、漏尽を得るに至れり。
我、無病無上安穏涅槃を求めて、すなわち、無病無上安穏涅槃を得、
無老無死無愁憂慼(むしゅううせき)無穢汚(むえわ)無上安穏涅槃を求めて、すなわち、無老無死無愁憂慼無穢汚無上安穏涅槃を得、
知を生じ、見を生じ、「道品法」を定む。

生すでに尽き、 梵行すでに立ち、所作すでに弁じて、更に有を受けずと如真を知りぬ。』

大意

「私は、菩提樹の下で、瞑想を数十日間(50日間近く。)つづけ、ついに、漏尽解脱することができたのである。
涅槃を得ることが出来たのである。
これにより、智慧が生じ、解脱したという自覚(解脱知見)が生じた。
さらに、成仏するための修行方法の体系、 成仏法(七科三十七道品)を決定した。

涅槃を得て、成仏したことにより、私は、この生涯が最後のものとなって、もう二度とこの迷いの世界に生を受けることのないことを、はっきり知ったのである。」

このお経は、当然ながら非常に重要です。それはなぜかと言いますと、読んでお分かりの通り、お釈迦さまは、成道後、即座に、その場で、「成仏法」を定めているということがわかるお経だからです。

大乗仏教は、この点を、全く理解していません。  「道品法(どうぼんほう)を定む」とあります。お釈迦さまは、成道後、即座に、その場で、成仏法を編成し、完成させていたのです。人間がどうすれば成仏することができるのか、このとき、すでに、修行法を、決定、完成されていたので す。したがって、成仏法は、この時、確立された、この「道品法」以外にはあり得無いのです。阿含経のこの「七科三十七道品」以外に成仏法は絶対に無いのです。

この他に、仏陀が、あとから二つも三つも、成仏法を追加されるわけが無いからです。あるとすれば、間違いなく後世の偽作です。仏教徒は、このことを一番に考えなくてはならないと思います。

この成仏法を修行しない限り、絶対に成仏はできないのです。
パーリ文「中阿含」第百三の kinti sutta につぎのように述べられています。

「 ここに比丘らよ、われによりて法は悟られ、汝らに説かれたり。 すなわち四念住・四正断・四神足・五根・五力・七覚支・八正道これなり。 それゆえにすべての比丘らは相和し相欣び、争うことなくして、これを学ばざるべからず。」

「学ばざるベからず」とあります。絶対に修行しなさいという意味です。大乗仏教のかたがたは、この意味が分かっていないのです。

「雑阿含経(ぞうあごんぎょう) 応説経(おうせつきょう)」
においては、つぎのようにのべられています。

「釈尊:いろいろな方法を駆使して修行を行っても成就しないものが、もろもろの煩悩が尽き、心に解脱を得たいと思っても、あの修行者たちは、ついに漏尽解脱を得ることはできない。
弟子:それはなぜでしょうか。
釈尊:修行していないからである。
弟子:何を修行していないのでしょうか。
釈尊:いわゆる、七科三十七道品を修行していないからである。
弟子たちよ。七科三十七道品を修行し、成就する者がいたならば、その修行者が、漏尽解脱をしたいと思わなくても自然に漏尽解脱を得るのである。
弟子:それはなぜでしょうか。
釈尊:修行したからである。
弟子:何を修行したのでしょうか。
釈尊:いわゆる七科三十七道品である。(後略)」

いろいろな方法を駆使しても無駄である、 阿含経の七科三十七道品を修行しない限り、絶対に成仏できないと説かれています。

ですから、仏教徒は、全員、七科三十七道品を修行しなければいけないのです。それ以外に、方法はないのです。どんなに厳しくても、何度生まれ変わってでも、七科三十七道品を修行する以外に方法はないのです。

大乗仏教が説くよう に、修行法を捨て、仏の慈悲にすがるだけでは、冥土などにはいけるかもしれませんが、絶対に、成仏はできないのです。

上記のように、成仏法は、七科三十七道品しかありません。しかし、この七科三十七道品は出家者用のプロ用の修行法であり、大乗仏教が言うように、厳しく、難解であることは、事実です。

しかし、お釈迦様は、この成仏法 七科三十七道品へ至るまでの、その橋渡しとなる修行法も、きちんと用意してくださっていたのです。その修行法の一つが、「安那般那念法」(あんなぱんなねんほう)と呼ばれる呼吸法、瞑想法です。この瞑想法は、七科三十七道品の中の瞑想法の一つと考えてよいと思います。

お釈迦様が、「最高の呼吸法・瞑想法」と呼ばれるものです。

この法は、空海弘法大師様が、伝えて下さった、人を天才にする秘法といわれる、密教の「求聞持聡明法」(ぐもんじそうめいほう)とも密接に関係しています。

この法の習得が、成仏法 七科三十七道品への足がかりとなります。安那般那念法とは、「雑阿含経 安那般那念経」に書かれている、初歩から最高奥儀に至るまでの呼吸法・瞑想法のことです。10数種類の呼吸法・瞑想法が説かれています。

さらに、「雑阿含経 止息経」には、「勝止息、奇特止息、上止息、無上止息」の4つの呼吸法が説かれており、「この4つの呼吸法は、すべての呼吸法において、これ以上のものはない最上の呼吸法である。」とお説きになられています。この4つの呼吸法は、安那般那念法の最上のものということです。お釈迦様が、「最上の呼吸法・瞑想法」であるとおっしゃられているのですから、当然のことながら、この呼吸法・瞑想法をマスターしなければ成仏はできないということです。

大乗仏教は、この点も、全く理解していません。単なる呼吸法とは、わけが違うのです。仏教の実践的な修行は、この安那般那念法から始まるといっても過言ではないのだそうです。「息」とは、「生き」なのです。詳しくは、阿含宗管長 故 桐山靖雄大僧正猊下 ご著書「仏陀の法」をご覧ください。実践法は、「求聞持聡明法秘伝」に書かれています。

安那般那念法は、密教の求聞持聡明法、ヨーガのチャクラ覚醒法、道教の導引気功法、そして、神道の呼吸法とも密接に関係しています。また、ノストラダムスは、これらの法が、人類を救う法だと言うことを予言しています。そのこともこの「仏陀の法」に書かれています。

大乗仏教は、釈尊直説の唯一の経典 阿含経を小乗仏教とけなし、以上のことを隠ぺい、黙殺し、まるで理解していません。これでは、絶対に成仏はできないのです。ノストラダムス氏が言われる通り、これらの法が、人類を救うのです。お釈迦様は、そのために、修行法、成仏法を残して下さったのですから。不老長寿、超人類社会への道は、ここに開かれているのです。すべての実践的な修行は、安那般那念法、求聞持聡明法の習得から始まるのです。

正法を知っていただくため、参考になれば幸いです。
合掌

追記

大乗仏教の特に、法華経系の宗派に、時代によって修行法、成仏法が変化するというような教えを解く教団があります。本尊や、時代(正、像、末の三時)などの違いによって、成仏法が変化するというのです。

しかし、これも全くのでっちあげです。真理は、いつの世も一つであって、その真理を体得するための方法、成仏法も、絶対に変化するはずがないのです。大乗仏教は、いろいろな簡略化した成仏法を作り出しましたが、全て偽作です。

その根拠を示します。釈尊直説の経典は、阿含経しか存在しませんが、阿含経には、上記のとおり、釈尊直説の唯一の成仏法、「七科三十七道品」が書かれています。 さらに、阿含経には、いつの世でも、どんな如来でも、如来は弟子たちを、「七科三十七道品」によって、修行させ、成仏させると書かれた経典が存在するのです。

「雑阿含経 石柱経」 です。

「過去にあらわれた仏も、未来にあらわれる仏も、また、いま現在あらわれている仏も、仏はすべて、五つの煩悩の心を断滅して涅槃を得、仏になったのであり、 仏は真実の智慧をみがく能力弱くして、自ら涅槃を得ることができないものたちをして、七科三十七道品の修行をさせて、阿耨多羅三藐三菩提を得さしめ、それによって成仏させるのである。」

したがって、過去仏も、未来仏も、現在仏も、すべての仏は、「七科三十七道品」を修行して成仏し、また、弟子たちを修行させ、成仏させるのです。本尊や、正、像、末の三時の違いなどによって、成仏法は変化しないのです。正法は、一つしかないのです。

また、次のような阿含経もあります。

「中阿含経・七宝経」 です。

『よく憶えておきなさい。転輪王がこの世に出現するときは、まず七宝がこの世に出現するのである。
七宝とはなにか? それは輪宝・象宝・馬宝・珠宝・女宝・居士宝・主兵臣宝の七つである。
転輪王がこの世に出現するときには、まずこの七宝が出現するのである。

同様に、如来・無所著・等正覚がこの世に出現するときには、 七覚支(法という)宝が、まずこの世に出現するのである。 なにをもって七覚支法とするのか? 念覚支(という)法をはじめとして、択法覚支・精進覚支・喜覚支・息覚支・定覚支・捨覚支(という)宝の七つが七覚支法である。
如来・無所著・等正覚がこの世に出現するときは、この七覚支法がこの世に出現するのである。』

七覚支法とは、七科三十七道品の中の一科目です。如来が出現するときは、必ずあらわれるとされているのです。しかし、大乗仏教では、この点が、まったく言及されていません。虚偽の証拠なのです。

以上、「末世成仏本尊経講義」を参照しました。正法を知っていただくために、参考になれば幸いです。

Buddhism is an abbreviation for “Buddhism”. It means “teaching and law to become a Buddha”. Here, I would like to pay attention to the concept of “law,” which is different from “teaching.” Law and Buddhist law mean training law and Buddhist law. Academic “teaching” is a different concept.

Then, what kind of training method and Buddhahood method did Shaka-sama preach?

Mr. Shaka left behind a number of training methods and Buddhahood methods. Among them, I would like to introduce the most important training method, the Buddhahood method.

The most important training method is “Shichikasanjushichidohon” or “Three” written in the only scripture “Agonkyo” of Shason’s theory. It is a training method called “Seventeen Bodhipakkhi” (Sanju Shichibo Daibunpo) or simply “Dobonho”.

The Buddhahood method is a training method that allows a person to become a Buddha. Other practices can elevate people, but they cannot even become Buddhas. This is the difference between the mere training method and the Buddhahood method. The Buddhahood method is written only in the only scripture of the Shason direct theory, “Agama Sutra”. There are 37 types of training methods in 7 subjects for “Seven Departments Thirty-Seven Doshin”. For details, please see this page of Agon Shu.

It goes without saying that this Buddhahood method is of paramount importance to Buddhism. It’s the law itself to become a Buddha. However, Mahayana Buddhism concealed this Buddhahood law and silently killed it.

In order to popularize Mahayana Buddhism in posterity, Agama, which describes the true Buddhahood method, was despised as “Hinayana Buddhism”, and the strict and difficult training methods were deleted steadily. .. In the end, I created the concept of a bodhisattva, and even the concept of this application that training is unnecessary if I follow the mercy of the bodhisattva. Mahayana Buddhism has become the center of today’s Japanese Buddhism. Of course, esoteric Buddhism and Zen Buddhism are not limited to other power applications, so I think there is an opinion that they are a little different, but even so, they hide the Agama sutra, silently kill it, and the only essential Buddhahood written in the Agama sutra. There is no difference in not practicing the law. In this way, Mahayana Buddhism became a fake Buddhism that concealed the Buddhahood law and silently killed it in order to popularize it.

How the “Buddhahood Law” was created and how it came about are also properly written in Agama. In Agama, the situation in which Shaka-sama created the “Buddhahood Law” is described in Katsuaki. I will introduce you.

This sutra is a scripture in which Buddha explained the history of his own career.

<Naka Agama Rama Sutra>

Shaka changed his mind and left the penance of hemp for six years, and received a memorial service for the village chief’s daughter Sujata’s milk gayu on the Nerangjara River, and the Pippara tree (Bodhisattva tree) in the sanctuary Gaya. I have set up a seat of meditation under. Here, Buddha becomes enlightened and becomes a Buddha, but the situation at that time is described.

“I, that is, I came to get an exhaustion without releasing the seat.
I seek a disease-free and peaceful nirvana, that is, obtain a disease-free and peaceful nirvana.
No old, no death, no melancholy, no filth, no filth, no filth, no mercy, no mortality, no mercy, no mercy, no mercy
It gives rise to knowledge, gives rise to seeing, and establishes the “Doshin Law”.

I have already run out of life, I have already stood up, I have already spoken about my actions, and I do not know the truth without receiving further existence. 』\

Meaning

“Under the Bodhi tree, I continued to meditate for dozens of days (nearly 50 days), and finally I was able to get rid of the leak.
I was able to get nirvana.
As a result, wisdom was generated, and the awareness of liberation (dissolution knowledge) was raised.
In addition, the system of training methods for the Buddhahood, the Buddhahood Law (Seven Departments, Thirty-Seven Ways) was decided.

By gaining nirvana and becoming a Buddhahood, I knew clearly that this life would be the last and that I would never be born again in this world of wonder. “

This sutra is, of course, very important. The reason for this is that, as you can see from the reading, Shaka-sama knows that he has established the “Buddhahood Law” on the spot immediately after the Buddhahood.

Mahayana Buddhism does not understand this point at all. It says, “Determine the Dobonho.” Buddha-sama organized and completed the Buddhahood Law on the spot immediately after the Buddhahood. He wonders how humans can become Buddhahood, because at this time the training method had already been decided and completed. Therefore, the Buddhahood Law can only be established at this time, this “Doshin Law”. There is absolutely no Buddhahood method other than this “Seven departments and thirty-seven doctrines” of Agama.

In addition to this, there is no way for the Buddha to add two or three Buddhahood laws later. If so, it’s definitely a forgery of posterity. I think Buddhists have to think about this first.

Unless you practice this Buddhahood method, you can never become a Buddhahood.
The Pali sentence “Naka-Agama”, the 103rd kinti sutta, states as follows.

“Here, Bhikkhu et al., The law is understood by me and preached to you. That is, Satipatthana, Four Right Exertions, Iddhipada, Indriya, Five Strengths, Seven Factors of Awakening, Noble Eightfold Path. Therefore, all the Bhikkhus have to learn this without conflict and reconciliation. “

It says, “I have to learn.” It means that you should definitely practice. Mahayana Buddhists do not understand this meaning.

“Zoua Gongyo (Ousetsukiyo)”
In, it is stated as follows.

“Sakuson: Things that cannot be achieved even if you practice using various methods, but all the troubles are exhausted and you want to get liberation in your heart, but those practitioners finally get liberation. Can’t.
Disciple: Why is that?
Shason: Because I haven’t practiced.
Disciple: What are you not practicing?
Shason: This is because he has not practiced the so-called seven departments and thirty-seven dojos.
Disciples. If there is a person who practices the seven departments and thirty-seven arts and fulfills them, the practitioner will naturally obtain the extinction even if he does not want to do it.
Disciple: Why is that?
Shason: Because I practiced.
Disciple: What did you practice?
Shakuson: It is a so-called seven departments and thirty-seven items. (Omitted) “

It is said that unless you practice the seven departments and thirty-seven doctrines of Agama, which is useless even if you make full use of various methods, you will never be able to become a Buddhahood.

Therefore, all Buddhists must practice the seven departments and thirty-seven doctrines. There is no other way. No matter how strict or how many times you are reborn, there is no other way but to practice the seven departments and thirty-seven dojos.

As Mahayana Buddhism preaches, you may be able to go to the dark soil just by abandoning the practice and following the mercy of the Buddha, but you can never become a Buddhahood.

As mentioned above, the Buddhahood Law has only seven departments and thirty-seven doctrines. However, it is a fact that this bodhipakkhi is a professional training method for priests, and as Mahayana Buddhism says, it is strict and difficult.

However, Shaka-sama also prepared a training method that would serve as a bridge to the Buddhahood method, which led to the seven departments and thirty-seven doctrines. One of the training methods is the breathing method and meditation method called “Anapanasati”. This meditation method can be considered as one of the meditation methods in the seven departments and thirty-seven doctrines.

Shaka-sama is called “the best breathing and meditation method”.

This law is also closely related to the esoteric Buddhist esoteric Buddhist priest Gumonji Someiho, which is said to be a secret method that makes people a genius, which Kukai Kobo Daishi told us.

The acquisition of this method will be a stepping stone to the Buddhahood Law, the Seven Departments and the Thirty-Seven Ways. The Anapanasati method is a breathing method and meditation method from the beginning to the highest secret, which is written in “Samsati Anapanasati”. Over a dozen types of breathing and meditation methods are explained.

Furthermore, the four breathing methods of “winning breathing, strange special breathing, upper breathing, and no upper breathing” are explained in “Samsung Sutra”, and “these four breathing methods are used in all breathing methods. , The best way to breathe is nothing more than that. ” These four breathing methods are the best of the Anapanasati method. Since Shaka-sama is said to be the “best breathing and meditation method,” it goes without saying that the Buddhahood cannot be achieved without mastering this breathing and meditation method.

Mahayana Buddhism does not understand this point at all. It’s not just a breathing exercise. It is no exaggeration to say that the practical training of Buddhism begins with this Anapanasati method. “Breath” is “living”. For details, please refer to the book “The Law of the Buddha” by the late President Agon Shu, Seiyu Kiriyama, Hisashi Eminence. The practice method is written in “Gumonji Satoshi Homeiho Hidden”.

The Anapanasati method is also closely related to the esoteric Buddhist esoteric Buddhism, the yoga chakra awakening method, the Taoist Qigong method, and the Shinto breathing method. Nostradamus also predicts that these laws are the ones that save humanity. That is also written in this “Buddha’s Law”.

Mahayana Buddhism does not understand the only scripture of Shason’s theory, Agama Sutra, as Hinayana Buddhism, concealing the above and silently killing it. With this, the Buddhahood can never be made. As Nostradamus says, these laws save humanity. For that reason, Shaka-sama left behind the training method and the Buddhahood method. The road to immortality and superhuman society is open here. All practical training begins with the acquisition of Anapanasati and Gumonji Satoshi.

I hope it will be helpful for you to know the law.
Gassho

Postscript

In Mahayana Buddhism, especially in the Lotus Sutra denominations, there are denominations that solve the teachings that the training method and the Buddhahood method change with the times. It is said that the Buddhahood method changes depending on the principal image and the times (correct, statue, last three o’clock).

However, this is also a complete fabrication. The truth is always one in the world, and the method of learning the truth, the Buddhahood method, cannot change. Mahayana Buddhism has created various simplified Buddhahood laws, all of which are forgery.

I will show you the rationale. There is only Agama sutra in the scripture of Shason Nao theory, but as mentioned above, the only Buddhahood method of Shakuson Nao theory, “Seven departments and thirty-seven dojos,” is written in Agama. In addition, there is a scripture in Agama that states that in any world, in any Tathagata, Tathagata trains his disciples by means of “Seven Departments and Thirty-Seven Doshin”.

It is “Samsung Sutra Stone Pillar Sutra”.

“The Buddhahood that appeared in the past, the Buddhahood that appeared in the future, and the Buddhahood that appears now, all of them broke the hearts of the five worldly desires and gained nirvana and became Buddhahood. Weakened the ability to polish the true wisdom, did those who could not obtain nirvana by themselves, trained the seven departments and thirty-seven doctrines, and obtained the Ayatara Sansho Sanbosho, which To make the Buddhahood. “

Therefore, all Buddhas, including the past Buddhas, the future Buddhas, and the present Buddhas, practice the “Seven Buddhas and Thirty-Seven Doshin” to become Buddhahoods, and also train their disciples to become Buddhahoods. The Buddhahood method does not change depending on the principal image, the positive, the statue, and the difference between the last three o’clock. There is only one law.

There are also the following Agama sutras.

It is “Naka ​​Agama / Cloisonne”.

“Remember well. When Chakravarti appears in this world, the cloisonne first appears in this world.
What is a cloisonne? There are seven treasures: ring treasure, elephant treasure, horse treasure, jewel treasure, female treasure, resident treasure, and main soldier treasure.
When Chakravarti appears in this world, this cloisonne first appears.

Similarly, when Nyorai, Musho, and Issei are appearing in this world, the Seven Factors of Awakening (called law) treasure first appears in this world. What is the Seven Factors of Awakening? Including the method of consciousness

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Buddha 2Japan journala

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis   sサイト

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

デジタル  健康   PC カメラ 家電

cyber-price

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です