. 釈尊の教え:成仏法の秘密、七覚支って何? . Shakyamuni’s teachings: What are the secrets of Buddhahood and the Seven Awakenings?

– 釈尊は「七覚支」が成仏法であり、七つの修行法を説いた。
– 修行すれば阿羅漢果、阿那含果、斯陀含果、須陀百果が得られると述べた。
– 成仏法は七科三十七道品から成り立ち、七覚支はその中の一つ。
– 七覚支は異比丘に対し、その修行が適していると釈尊が判断したと考えられる。
– 釈尊は弟子に因縁を見て、適切な修行法を指導した可能性がある。
– 七覚支の修行法は念覚支、択法覚支、精進究支、喜覚支、狩覚支、定覚支、捨覚支。
– これらの修行は知的、情緒的、意志的な面を高度にバランスさせ、念の力を神秘的に強化する。
– また、「空観」の修行も含まれ、四念処法により諸法の実相を理解することが強調されている。

釈尊は、「七覚支」こそそ`の成仏法であるとおっしゃって、念覚支・択法覚支・精進究支・’喜覚支・狩覚支・定覚支・捨覚支の七つの修行法をお説きになった。  

 そしてでこの七覚支を修行すれば、阿羅漢果、阿那含果、斯陀含果、須陀百果が得られると解説された王で、阿那含果にも五種の涅槃の得かたがあるとくわしくお教えになられたのであった。

 釈尊の成仏法は、前にのべましたように、七科三十七道品といって、~七科目、三十七種類のカリキュラムから成り立っています。すなわち、四念処法、四正勤法、。四神足法、五根法、五力法、七覚文法、八正道です○         

 うこのうちの七覚支法について、解説されたものです。

 成仏法について質問した外道の出家に、釈尊がなぜ、七科目の中の一つである七覚支について解説したのかと申しますと、これはわたくしの体験からの推測ですが、この異比丘がもし釈尊の

お弟子となっ▽て成仏法を修行するとしたら、七覚支の修行が二番よいどお考えになったからだと思い支す。

 というのは、ヽ釈尊の成仏法は、七科目三ナ七種の修行包全部やらなければならないどい ではないのです。七科目の中の、二科目位をやればいいわけです。というのは、七科目の修行法の中にはクおなじような修行法が、ダブつて入っております。それで、釈尊は、’お弟子の因縁を

みてい七科目の中から、yおまえはこの修行をせよ、おまえはこれとこれの修行法がよい、というように選別されてあたえたのであろうと思われます。。時には、科目にに恥まわず、一三十七種の修行法の中から自由にいくつかえらび出して、修行者に課したものと思われます。 

 そこで、この七覚支の修行法というのが、どんなものであるか/

念力をつよくしてバランスをたもつト知的にも非常に高度で、情結面においても、いわゆる情操がゆたかであるというように、芸術面などでもよく理解することができる。情操的な情のないひとというのは、無味乾燥にな’りやすいわけです。’芸術的なことは、なにもわからない、はなしをしてもちっともおもしろくない、シャレをいったって、ニコリともしない。今日きいたシ″レを、三日ぐらいたっ七急に笑。い出て、「ああ、そうだうたのか」なんて(笑)、それじゃあおはなしにならんでしょダ。。

 意志がつよいのはけっこうだけれども、それが頑固になってしまうのではいけない。

 だから、知・情・意の精神作用を、非常に強化し、八かめるという訓練をする。そしてそのいずれに右かたよらないということ。これがまず第一です。しかし、それだけじゃない。

 念そのものの力を、神秘的にまで強化する。一点に集中したとき、火を発するほどの力を出す。ですから、この念覚支の修行には、クンダリニー・ヽヨトガの修行が入るわけです.。     

 つぎに「空観」を体得する。ですから、この七覚支には、「四念処法」の修行が入っている。

この空観の体得により、諸法の実相がわかるようになけます。つまり、「縁起の法」を如実に‘さとることになるわけす。               」               “

 この念覚支が、七覚支法の中の、目玉といってよいでしょう。いや、三十七道品の中でも、代表的な修行法です。                                

Shakuson says that “Seven Factors of Awakening” is the original Buddhist method. I preached two practices. It was

And if you practice this Seven Factors of Awakening, you will get Ara Han Guo, Ana Han Guo, Shida Fruit, and Suda Hyakuka. He taught me in detail that there was a person.

As mentioned earlier, Shakuson’s Buddhahood Law consists of seven subjects and thirty-seven types of curriculum, which are called seven departments and thirty-seven dojos. That is, the Satipatthana method, the Four Right Exertions method ,. Iddhipada method, Indriya method, Five strength method, Seven factors of Awakening, Noble Eightfold Path ○

This is an explanation of the Seven Factors of Awakening.

When I asked the priests of Gaido who asked about the Buddhahood method, why did Shason explain the Seven Factors of Awakening, which is one of the seven subjects? This is a guess from my experience, but this Bhikkhu If the Buddhahood

If I were to become a disciple and practice the Buddhahood method, I think it was because I thought that the practice of the Seven Factors of Awakening was the second best.

For, the Buddhahood method of ヽ Shason is not the one who has to do all seven subjects, three na, and seven kinds of training packages. You only have to do two of the seven subjects. This is because the training methods of the seven subjects include the same training methods as the dub. So, Shason said,’The cause of the disciple

It seems that you were selected from the seven subjects, such as y, you should practice this, and you should practice this and this. .. At times, it seems that he was not ashamed of the subject, and freely selected some of the 137 types of training methods and imposed them on the practitioners. It was

Therefore, what is this practice method of the Seven Factors of Awakening /

It is very sophisticated in psychokinesis and balance, and it can be understood well in terms of emotions and arts, as if the so-called emotions were abundant. A person without emotional feelings tends to be dry and tasteless. ‘I don’t understand anything about art, it ’s not interesting to talk about it, and I do n’t smile when I say something. I suddenly laughed at the series I heard today for about three days. I laughed out and said, “Oh, that’s right?” (Laughs). ..

It’s fine to have a strong will, but it shouldn’t be stubborn.

Therefore, the mental action of knowledge, affection, and will is greatly strengthened, and training is given to make it eight. And it doesn’t depend on either of them. This is first and foremost. But that’s not all.

Strengthen the power of the mind itself to mystery. When you concentrate on one point, it gives off enough power to make a fire. Therefore, the training of Kundalini Eyotoga is included in the training of this consciousness. ‥

Next, learn the “view of the sky”. Therefore, this Seven Factors of Awakening contains the practice of “Satipatthana”.

By learning this view of the sky, you will be able to understand the reality of various laws. In other words, the “law of luck” is really taken. “” “”

This consciousness can be said to be the centerpiece of the Seven Factors of Awakening. No, it is a typical training method among the thirty-seven dojos.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Buddha 2Japan journala

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis   sサイト

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です