脳の側座核瞑想法 「やる気スイッチをオンにする脳のヒミツ」 Brain nucleus accumbens meditation

「行動力を高める!脳のやる気の秘密」

– やる気のスイッチは脳の側坐核に関連している。
– 側坐核への刺激によってドーパミンが分泌され、やる気が高まる。
– 行動を起こすことが側坐核を刺激する方法の一つ。
– 小さな行動から始めることでやる気を引き出すことができる。
– 感情の影響もやる気に影響する。
– 大脳辺縁系が「たくましく」生きる部分を担当しており、やる気不足の原因になることもある。

“Improve your ability to take action! The secret to your brain’s motivation”

– The motivation switch is connected to the nucleus accumbens of the brain.
– Stimulation of the nucleus accumbens releases dopamine, which increases motivation.
– Taking action is one way to stimulate the nucleus accumbens.
– You can motivate yourself by starting with small actions.
– Emotional influences also affect motivation.
– The limbic system is in charge of living “strongly” and can be the cause of a lack of motivation.

やる気のスイッチ「側坐核」

やる気が出ない時は、誰にでもあります。私どものEAPカウンセリングの際にも「やる気が出ないのです」とお話される方もいらっしゃいます。世の中には、活動的な方々も沢山いらっしゃいます。その方々はどのようにして「やる気」をだしているのでしょうか。

「やる気」には脳の「側坐核」と言う部位が大きく関わっています。この側坐核が「やる気のスイッチ」になっているのです。側坐核とは脳の真ん中に左右1つずつある2㎜位の部位です。この側坐核に刺激を与えるとやる気が出てきます。

専門用語で「作業興奮」と言われていますが、この時に側坐核から「報酬系ホルモン」のドーパミンが出ています。ドーパミンは出始めると、どんどん出てくることが知られています。

例えば、

学生時代に試験前なのに、ダラダラ過ごして勉強に取り組めなかったのに、ちょっとだけ机の前に座って教科書のページを開いたら思った以上に勉強していた。いやいや参加した人の集まりで参加者と少し話したら想像していたより対話ができたなどは、行動をきっかけに「作業興奮」が起こっているのです。つまりやる気がなくても、乗る気がなくても実際に行動(刺激)をすると側坐核がドーパミンを分泌してやる気になるのです。

ちなみにスマホを見てダラダラしていても、なんとなくテレビを見ている時には側坐核は活性化しません。と言うより側坐核が活性化しなくてもドーパミンが出てしまい、その状態から離れられにくくなります。だから「やる気が出たらやろう」と思っていても行動を変えないと「やる気」は出てきません。

「やる気」を出すには、まず「やる」

自分自身で「さあ、やるぞ!」と思うだけでは、ドーパミンは出てきません。周りから怒られても反発心が生まれてかえって「やる気」は萎えてしまいます。

ドーパミンを出す方法は側坐核に刺激を与えることです。つまり刺激を与えるには、具体的に動くこと、作業することです。

例えばダイエットでウォーキングを始めるとします。

「行動をする(外に出て家の周りを1周だけでOK)」

「側坐核にスイッチが入りドーパミン分泌」

「やる気が出て、もう少しだけ歩く」

「どんどんドーパミンが出てくる(作業興奮状態)」

「ちょっと近くの公園まで歩こう!」

となります。

やらなければ「やる気」は出てこない

「行動するためにやる気を出す」のではなく「やる気を出すためにとりあえずやる」という前後が逆になる事を覚えていて下さい。大切なのは、最初の1歩目。「とにかく何かやる」ということができれば、側坐核を活性化できて、ドーパミンが出てきます。たとえ1歩目は、不快で、嫌で、辛くても、勇気を持って「エイヤー」で踏み出して下さい。

寝転んでスマホを見ている状態から、ウォーキングに一気にと想像すると抵抗が大きいなら「とりあえず着替える」という行動(小さな1歩)だけでも効果があります。そこから「靴を履く」「玄関を出る」という行動につながります。

それすらも「面倒だ」という場合は、まず「立ち上がって伸びをする」とか「その場で軽く肩回しや屈伸をしてみる」とかでも良いでしょう。適度な運動が側坐核の活性化に効果があるので、体を少しでも動かすことで「よし、やるか!」という気持ちになり「やる気」が湧いてきます。

不撓不屈 どこまでもやる気を起こさせる

脳の側座核瞑想法

さあ、やるぞ!」

ぜったいにやる!」

「なにがなんでもやりぬくぞ!」

心の中で何度もくり返し絶叫しながら、いざとなると、どうしてもやる気が起こ

らず、悩んでいる人がすくなくない。

「こんなことでどうするんだ。 みんなから置いてけぼりにされてしまうぞ」

と自分を叱咤するのだが、どうしてもやる気が起こらない。

やる気が起こらないことには、どうしようもない。 そうして、ズルズルと落伍してゆく。

やればやれないことはないのに、周囲から(あわれみ)の目を向けられ、

あるいは、

「あいつは怠けものなんだよ」

と反発され、それがまたストレスとなって、いよいよ、やる気が起こらなくな

「いったい、どうしたらいいんだ」

むかしの跡にと頭をかきむしる思いだが、どんなにあせったってやる気が起こらないんだか ら、しょうがない。

大体、人間の心は、理性と感情から成り立っており、理性がいくら、やる気を起 こさなければと思っても、感情のほうが、やる気にならなかったら、それまでであ る。その反対に、感情のほうが、どうしてもやりたいと思ったら、理性がいくらブ レーキをかけても、止めることはできない。

だから、理性がどうジタバタしたって、感情のほうがその気になるのを待つしか ないのである。もちろん、理性のほうが、感情を説得するという努力はするが、そ れをうけ入れるかどうかは、しだいということだ。

次反式呼吸法に乗せて、パールを、次第に下方へ移動させなさい。約五回くら いの呼吸で、 関元のマニプーラ・チャクラに到達させなさい。

次 関元で、パールは二倍くらいの大きさに膨張し、しだいに光を放ち、輝きは じめる。(呼吸法五回位)

次 パールは元の形状にもどる。 (反式呼吸法つづく)

次 パールは原状にもどり、プラーナ・ルートを上昇する。 (呼吸法つづく)

次 パールは銀交に到達するが、依然、上昇をつづける。

次 「端」 「水溝」「素」 と、 チャクラ・プラーナ・ルートを上昇する。

次 「神庭」のところから、パールは、脳の中心に向かって進入してゆく。

次 パールは大脳辺縁系の「大脳基底核」に到達し、さらにその部分の「側座 核」に止まる。 (カラー口絵参照)

次この時、パールは、約一・五倍の大きさに膨張し、しだいに光を放ち、輝き はじめる。 (反式呼吸法の数は任意)

次 パールはしだいに輝きをおさめ、大きさも原状に復する。

次 呼吸法に乗って、パールはしだいに上昇し、プラーナ・ルートに入って下降 しもとの銀交にもどる。

次長出入息呼吸法

座を立つ。

呼吸法一〇回位で、呼吸をととのえながら、舌の先でパールを転がし、銀交 の中に納めてしまう。

闘う脳「大脳辺縁系」

人間の生のいとなみを、脳の機能の上から分類してみると、つぎのようになる。 基本的な生の具現である「生きている」 すがたは、脳幹の脊髄系が分担し、「た 「くましく」生きてゆくすがたは大脳辺縁系が分担し、「うまく」生きてゆくすがた と、われわれ人間だけが身につけている「よく」生きてゆくすがたは、新皮質が分 担している。

つまり、人間が生きてゆくということは、「たくましく」「うまく」「よく」 生きてゆくということになるのだが、この三つのものは、いうまでもなく、いずれ にも片よってはならない。この三つのものが、よく統御され、調整され、うまく

生きている-反射活動調節作用 脳幹 脊髄系

(生きてゆくたくましく一本能行動・情動行動 大脳辺縁系

適行動一うま

新皮質系適創うま新皮質系

人は、 そして 社会も、安定し、幸福と平和がたもたれ ているわけで、このバランスがくずれる と、人は不幸になり、社会は不安につつ まれることになるわけである。

そこで、「やる気」が起きる、 起 きない、というのは、脳の機能のどの部 分が分担しているのだろうかと、調べて みると、これが、大脳辺縁系のテリトリ だということがわかる。

つまり、やらなければならないのに、

「やる気が起きない」というのは、「たく ましく」生きてゆく部分が不足している

ということになる。

indomitable, endlessly motivating

Brain nucleus accumbens meditation

Come on, let’s do it!”

I will definitely do it!”

“I’ll do whatever it takes!”

While screaming over and over again in my mind, when the time comes, I can’t help but feel motivated.

There are not a few people who are worried about it.

“What are you going to do with this? Everyone will leave you behind.”

I scold myself, but I can’t get motivated.

There is nothing you can do about not wanting to do something. And then, slipping and falling behind.

There’s nothing you can’t do if you try, but people around you look at you with mercy,

or,

“He’s lazy”

And it becomes stressful again, and finally I lose my motivation.

“Well, what should I do?”

He is scratching his head at the traces of the past, but no matter how much he is in a hurry, he can’t help himself.

In general, the human mind is composed of reason and emotion, and no matter how much reason thinks it has to motivate, if emotions do not motivate, then that’s all there is to it. On the other hand, if emotions really want to do something, no amount of reason can stop her.

Therefore, no matter how much his reason flutters, he has no choice but to wait for his emotions to become motivated. Reason, of course, tries to persuade emotion, but it is up to them whether they accept it or not.

Gradually move the pearl downwards on the next anti-breathing method. Let him reach Sekimoto’s manipura chakra with about five breaths.
At the next checkpoint, the pearl expands to about twice its size, and gradually emits light, and its brilliance begins. (5 times breathing method)
Next The pearl returns to its original shape. (Continued with anti-breathing method)
Next The pearl returns to its original state and ascends the prana root. (continued breathing method)
Next Pearl reaches Silver Exchange, but still continues to climb.
Ascend the chakra prana root with the next “edge”, “water groove”, and “element”.
Next From “Kanba”, Pearl enters the center of the brain.
The next pearl reaches the “basal ganglia” of the limbic system and stops at the “nucleus accumbens” in that part. (See color frontispiece)
At this time, the pearl expands to about 1.5 times its size and gradually emits light and begins to shine. (Any number of anti-breathing techniques)
Next The pearl gradually loses its brilliance and returns to its original size.
Riding the next breathing method, the pearl gradually rises, enters the prana route and descends back to the original silver cross.
Deputy director in-breath breathing method
take a seat.
Breathe 10 times, adjust your breathing, roll the pearl with the tip of your tongue, and put it in the silver coin.

Fighting brain “limbic system”

If we classify human life from the top of brain functions, it will be as follows. The spinal cord system of the brain stem is responsible for the “living” form, which is the basic embodiment of life. The neocortex is responsible for the way we live and the way we live “well” that only we humans have.

In other words, for human beings to live is to live “strongly,” “successfully,” and “well.” Needless to say, these three things cannot be categorized into any one of them. These three things are well controlled, coordinated, and well

Alive-reflex activity control action Brainstem Spinal cord system

(Sturdy and unipotent behavior, emotional behavior, limbic system)

good behavior

Neocortical system appropriate creation horse neocortical system

People and society are stable, happy and peaceful, and if this balance is disturbed, people will be unhappy and society will be filled with anxiety.

So, when he looked into which part of the brain function was responsible for whether “motivation” occurred or not, he found that this was the territory of the limbic system. .

I mean, I have to do

“I’m not motivated” means that “he’s good” is lacking in the part to live

It turns out that.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Buddha 2Japan journala

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis   sサイト

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です