思念による王者の相承 4 「霊的バイブレーションの奇跡」  Succession of the king through thought 4 “Miracle of spiritual vibration”

「解脱への四つの階梯」

– 「一九九九年カルマと霊障からの脱出」における状況
– 師の説明を聞いているときの突然の衝撃体験
– 「密教・超能力の秘密」における外部からの衝撃体験
– 解説に至る四つの階梯

“Four Stairs to Liberation”

– Situation in “1999 Escape from Karma and Spiritual Obstacles”
– A sudden shocking experience while listening to the teacher’s explanation
– Shocking experience from the outside in “esoteric Buddhism/secrets of supernatural powers”
– Four steps leading to explanation

た! さいわい、ホテルのメモ用紙が数枚あった。ボールペンもある。む しゃぶりつくようにペンをにぎると、それは勢いよくメモの上を走った。

みやくらく

最初、それは、脈絡のない単語や名詞の羅列であった。しかし、それ は、ミラクルの池のあの思念の流れと一致していた。わたくしは、食事も とらず、出発までの時間を挙げてこれに傾注した。 整理して、さいごに書 きあげたのがつぎの文章であった。

それは突然ななめ前方からやってきた。

一瞬、目がくらむほどの衝撃だった。

そんなことなどぜんぜん予期しておらずまったく無防備だった自分は、 あっというまにその衝撃に叩きのめされてしまったのだ。

修行、学問、そんなものはなんの役にも立たぬものであることを思い知 らされた。

こころひそかに誇っていたこれまでの自分の修行も教学も、あっという

まに消しとんでしまった。叩きのめされてしまった。

これなんだ、これでなくてはならないのだ。これしかないのだ。目もく らむようなあの白銀の輝きにみちたバイブレーション!

一〇〇年の修行も万巻の教学も、ただ一瞬のこの霊的バイブレーション に如かぬことを思い知らされた。

これがそれだったのだ。これが究極のそれだったのだ。このためにこそ

わたくしはここにやってきたのだ。

おお、サイト・マット、聖なる地、

あなたはここに待っていてくださった。

にあたえねばならぬ。

わたくしがいまあなたから受けたものを、これからわたくしはひとびと

いま、わたくしは聖者であることをつよく自覚する。

すべてのひとびとがこの聖なるバイブレーションを受けることのできる 聖地を、わたくしはひがしの国につくらねばならぬ。この輝きにみちたサ ヘトマトの地を、そのまま、日本の国にうつさねばならぬ。それがわ たくしの使命だったんですね。それをかならずはたすことをわたくしはあ なたに誓います。

もう一度、わたくしはこの地に来なければならないのですね。だが、そ のときなにが起きるのでしょうか? そのとき起きる或ることを、わたく しは非常なおそれの感情とともに予感します。

ああ、あの一瞬の霊的バイブレーション!

一〇〇年の苦行も万巻の書物も、このバイブレーションなくしては、路 傍の石ころにも劣るのだった。このバイブレーションをあたえることので

きる聖者こそ、真の導師だったのだ。理解できました。

聖師よ、ありがとう!

昭和五十五年十一月八日 ラクノウのホテルにて 急拠します。

書き終えて、わたくしは虚脱状態になった。

(「一九九九年カルマと霊障からの脱出』)

このサヘート・マヘートにおける状況は、奇しくも、阿含宗の記録映画 「おお、サイト・マヘト、聖なる地」に収録されているので、読者はぜひ、機会 をつくってごらんいただきたい。

ところで、以上の文章をお読みになって、「求聞持法」としておく) 成就のと

きのわたくしの状態と、サベート・マヘートにおいて霊的バイブレーションを

浴びたときのわたくしの状態と、まったく軌を一にしているところがあるの

を、読者はお気づきであったろうか。

「ああッ!」

んがね

私は苦痛の叫びをあげていた。脳髄の一角に電流がながれた感覚が 走った。落雷があったと感じた。目の前を紫電が走った。つぎの瞬間、眼 前でフラッシュをたかれたように、私の視野は真っ暗になった。 失明!

という考えが、チラリと脳裡をよぎった。

面金を越えて深くあざやかに面をとられたときは、目からパッと火 が出て、プーンときなくさいにおいを嗅いだ。ほんとうに目から火が出る のである。けっして形容詞ではないのだ。これは剣道修行の体験者ならば みなご存知のはずである。

その火なのだ。そのとき私の視野をかすめた閃光は

小高い丘の上に立って、わたくしは師の説明を聞いていた。

そのとき、突然、それがやってきたのだった。

(「密教・超能力の秘密」)

師の大きな声が突然すうっと遠のいたかと思うと、右ななめ前方から、 がぁんと、頭から頬にかけてなぐりつけられたような衝撃を感じたのだ。

せんこう

目の中を白い光が飛んだ。 剣道で力いっぱい面を打たれたとき、目の

中を走るあの光に似ていた。わたくしは思わずくらくらとして、額に手 をあてた。一種のバイブレーションであることはわかった。わたくしも密 教の修行者として各地の霊場をあるき、 何度か霊的なバイブレーションを うけている。しかし、こんなすさまじい叩きつけるようなバイブレーショ ははじめてであった。

「一九九九年カルマと霊障からの脱出」)

十数年の間隔をおいて、わたくしはまったく同種の衝撃を経験したのであ

る。前者は内部から、後者は外からのものであったが、衝撃の内容はまさしく 同種のものであったのだ。もっとも、後者は、前とはまったく比較にならぬす さまじいものであったが。

賢明な読者はすでにお気づきであったろう。これが、チベット密教のいう 思念による王者の相承」であることを。 思念による王者の相承とは、じつ に、霊的バイブレーションによる伝達だったのである。

わたくしは、これによって、解説に至る四つの階梯のうちの、第三の境地に 達したことを自覚したのであるが、これは、 間脳開発の練行tapasを成就してい

うけいれ

なかったら、絶対に得られなかったものである。 内なる受容の態勢がととのっ

バイブレーション

て初めて、外よりの王者の相承が発せられるのである。

解脱に至る四つの階梯

いま、わたくしは、「解脱に至る四つの階梯」といった。

だれでも、解脱に至るためには、この四つの段階を経なければならない。そ

してこの四つの階梯を、すぐれた聖師にしたがって歩んでいくならば、だれでも 解説に到達できるのである。もちろん、あなたにしてもそのとおりだ。

四つの階梯とは、

そこで、この四つの階梯について、のべてみよう。

Luckily, I had some notepads from the hotel. There’s also a ballpoint pen. He grabbed the pen as if sucking on it, and it ran rapidly across the note.

Miyakuraku

At first, it was just a list of unrelated words and nouns. However, it coincided with the flow of thought at the Miracle Pond. I didn’t eat any food for him either, and devoted all of my time to this until my departure. After organizing my thoughts, I finally wrote the following sentence.

It suddenly came from diagonally in front.

For a moment, I was so shocked that I was blinded.

I had not expected such a thing at all and was completely defenseless, but I was instantly crushed by the shock.

I realized that training, learning, and such things are of no use.

My training and teaching, which I was secretly proud of, disappeared in the blink of an eye.

It just disappeared. He got beaten up.

This is it, it has to be this. This is the only option. Vibration filled with that silvery shine that dazzles his eyes!

I realized that even 100 years of training and 10,000 volumes of teachings are nothing like this momentary spiritual vibration.

This was it. This was the ultimate one. For this reason

I came here.

O site mat, sacred place,

You were waiting here.

must be given.

What I have received from you now, I will share with others.

Now, I am acutely aware that I am a saint.

I must create a sacred place in the country of the East where all people can receive this sacred vibration. He must transfer the land of Hematoma, which is full of brilliance, to the land of Japan. That was his mission. I swear to you that I will accomplish this without fail.

I have to come to this place again. But what will happen then? I have a feeling of great fear that something will happen then.

Ah, that momentary spiritual vibration!

Without this vibration, a hundred years of penance and ten thousand volumes of books would be no better than a stone on the side of the road. By giving this vibration

The true master was the true master. I understand.

Thank you, Holy Master!

On November 8, 1975, I was rushed to a hotel in Lucknow.

After I finished writing, I felt depressed.

(“1999 Escape from Karma and Spiritual Obstacles”)

Coincidentally, the situation at Sahet Mahet is recorded in the Agon sect’s documentary film “O Site Mahet, the Sacred Land,” so I encourage readers to take the opportunity to take a look.

By the way, after reading the above passage, I will refer to it as “Gimonjiho”)

My current state and the spiritual vibrations in Sabet Mahet

There are some things that are exactly the same as my state when I took the bath.

Have the readers noticed this?

“Ah!”

Ngane

I was screaming in pain. I felt a current run through a corner of my brain. It felt like there was a lightning strike. A purple electric light ran in front of me. The next moment, my field of vision went black, as if a flash had been fired right in front of my eyes. Blindness!

That thought briefly crossed my mind.

When my face was removed deep and vividly beyond my face, fire suddenly came out of my eyes and I smelled a stinking smell. He really has fire coming out of his eyes. It’s not an adjective at all. Anyone who has practiced Kendo should know this.

It is that fire. At that moment, a flash of light that blurred my field of vision

I was standing on a small hill listening to my teacher’s explanation.

Then, suddenly, it came.

(“Secrets of Esoteric Buddhism and Psychic Powers”)

The teacher’s loud voice suddenly faded away, and then I felt a thump from right in front of me, as if I had been hit from head to cheek.

flash

A white light flashed in my eyes. When you get hit hard in the face in kendo, your eyes

It resembled that light running inside. I felt dizzy and put my hand on his forehead. I realized that it was a kind of vibration. As a practitioner of Esoteric Buddhism, I have visited sacred sites around the country, and he has received spiritual vibrations several times. However, this was the first time I had experienced such a tremendous pounding vibration.

“1999 Karma and Escape from Spiritual Obstacles”)

After a gap of more than ten years, I experienced exactly the same kind of shock.

Ru. The former came from within, the latter from outside, but the content of the shock was exactly the same. However, the latter was an incredible feat that was completely incomparable to the former.

Astute readers may have already noticed this. This is what Tibetan Esoteric Buddhism calls “the inheritance of the king through thought.” The succession of kings through thought was actually communication through spiritual vibrations.

Through this, I realized that I had reached the third state of the four steps leading to explanation, and this was the accomplishment of tapas, an exercise in the development of the diencephalon.

Acceptance

Without it, I would never have gotten it. My inner readiness for acceptance is strong.

vibration

For the first time, the mutual acceptance of the king from outside will be announced.

Four steps leading to liberation

Now, I call it “four steps leading to liberation.”

Anyone must pass through these four stages in order to attain liberation. So

Anyone can reach the explanation by walking through these four steps according to the guidance of an excellent sage. Of course, the same is true for you.

What are the four stairs?

So, let’s talk about these four steps.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Buddha 2Japan journala

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis   sサイト

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です