バイブレーションの奇跡:小高い丘での驚きの瞬間 Miracle of vibrations: A surprising moment on a small hill”」

やがてひき合わされたところによると、リンポーチェの先輩すじにあたる聖師で、メ チワラサンガラターナというかたであった。

「スリランカの出身で、非常な学僧です。 去年、ここへ寺院を建てたのだそうです。 わた しもここへ来るまで知りませんでした」

そう、リンポーチェがいった。

「仏陀が十八年間説法されたこの精舎のそばで、生涯を終えるのが、わたくしのかねてか らの念願でした」

サンガラターナ師は、あたりに響きわたるような大きな声で語った。ややなまりのある 英語であった。 がっしりとした頑丈そうな体格で、声が大きいのは健康なのだろう。八十 一歳という年齢を聞いてびっくりした。 どうみても六十歳代としかみえないのである。 師が先に立って、精舎を案内してくださった。われわれが師をガイドに得たことはじつ にしあわせであった。観光会社がつけてくれたガイドも、この地のことにはあまり知識が なく、リンポーチェにしても、数年前に一度しか来たことがなかったのである。 他の仏跡 地のように、 サヘト・マヘトには案内人がいないのである。もし、サンガラターナ師がおられなかったら、われわれは、祇園精舎をただあるきまわるだけで、ひとつひとつの遺跡 について、くわしいことはなにひとつ知ることはできなかったであろう。師は、わが家の 庭のごとく、愛情をこめて、あれこれと指さしながら説明して行く。

小高い丘の上に立って、わたくしは師の説明を聞いていた。

そのとき、突然、それがやってきたのだった。

師の大きな声が突然すうっと遠のいたかと思うと、右ななめ前方から、 がぁんと、頭か らにかけてなぐりつけられたような衝撃を感じたのだ。

目の中を白い閃光が飛んだ。剣道で力いっぱい面を打たれたとき、目の中を走るあの 光に似ていた。わたくしは思わずくらくらとして、額に手をあてた。一種のバイブレーシ ョンであることはわかった。わたくしも密教の修行者として各地の霊場をあるき、何度か 霊的なバイブレーションをうけている。しかし、こんなすさまじい叩きつけるようなバイ ブレーションははじめてであった。しかもまったく無防禦だったので、完全に不意をつか れたという感じだった。どこでも霊場へ入るときには、それなりの心がまえをして入る。

だからつよいバイブレーションをうけてもうけとめられるのだが、ここでは全く無防禦だ

「待ってください」

ったので、その衝撃はことにつよかったのだ。数秒つづいたように感じたが、それはほんの一瞬のようであった。師の大きな声がふたたび耳によみがえってた。

わたくしは手をあげて師を制した。

「ちょっと待って。わたくしはいま、ものすごいバイブレーションを感じたのです。 それ はものすごいバイブレーションで、そう、あの方向からきました。あれはなんですか? あの地は

わたくしは、その衝撃がきたと思われる方向をゆびさした。五十メートルほど前方に、 雑草の生いしげった凹地があった。そこから、それがきたと思われた。

「ああ、あれですか」

と師はうなずいた。

「あれは、ミラクルの池です。」

「ミラクルの池?」

「そう、ミラクルの池。仏陀が奇蹟をおあらわしになった。 そこであそこを、ミラクルの池とよぶのです」

「そのミラクルとは、どんなミラクルなのですか?」

それは、仏陀が空中浮揚してこの池の上に立ち、上半身を火に、下半身を水に変えた

「ほう、それはどういうことですか?」

それはですね、と師の説明によると、こうであった。

スラバスティの大長者スダッタ(須達多)が、仏陀のために大金を投じてここに土地を 求め、大精舎を建立した。 仏陀の名声は四方につたわり、教えを乞うもの踵を接した。 この附近には、ジャイナ教その他の外道の寺院がたくさんあった。それらの寺院の指導 者たちは、仏陀の名声をねたみ、いろいろ、仏陀を中傷、批難した。 中でもとくに、仏陀 口のうまい師にすぎないといいふらした。 さきで理論を説くだけで、なに一つ神通 力を持っていない、要するに口舌の徒であるという批難であった。当時のインドの宗教界 では、指導者となるためには、なんらかの神通力を持つことが、必須の条件とされてい た。ところが、仏陀は、無用に神通力をあらわすことをきらって、この地に来てから一度もその力を示すことがなかったのである。

他の教団の指導者たちは、これを、仏陀にその力がないからだと考え、これを攻撃した わけである。 仏陀が大神通力の持ちぬしであることを知っている高弟たちは、一度、ぜひ その力を示されるようおねがいしたが、仏陀は承知されなかった。 いよいよ神通力などな いと思いあがった他教団の指導者たちは、自分たちのパトロンである他の長者や勢力者た ちを通じて、スダッタに、仏陀と神通力の試合を申し入れた。負けたほうがこの地を去る という条件である。スダッタもついにことわりきれず、仏陀に試合を通した。あるい は、スダッタも仏陀の神通力を見たかったのかも知れない。仏陀もスダッタの立場を考慮 され、ついにこれを承諾された。

その日、他の教団の指導者たちが、 これみよがしにさまざまな神通力を競い合ったさい ごに、仏陀がすがたをあらわされた。

仏陀は三層の高楼の舞台にそのおすがたをあらわされたのである。いかなる神通力をあ らわされるのかと群衆が固唾をのんで見守るなか、なんと仏陀は露台の手すりを無雑作に 乗り越えられ、空中に足を踏み出されたのである。一瞬、手をはなされる。 仏陀墜落!

とみるまに、仏陀はそのままゆっくりと空中を浮揚して、庭園にむらがる大衆の頭上を越 え、きよらかな清水をたたえた庭園の池の上に立たれたのである。微風に小波をたてる清 池の水の上に、仏陀はしずかに立っておられるのである。 群衆が思わずわが目をうた がったつぎの瞬間、仏陀の上半身は火炎となって燃え上がり、下半身は玉のような水と化 したのである。

目のあたりに見る大神通力に、なみいる他教団の指導者や、土地の勢力者をはじめ、す べてのひとびとはその場にひれ伏して、頭をあげ得なかったー。

わたくしは、額に手をあてて師の説明を聞いていた。途中からふいに、やわらかなバイ ブレーションとともに、ひとつの概念 思考の流れがしずかにわたくしの脳髄ふかく流 れこんでくるのを感じたのである。 わたくしは、自分の思念をまったくとめて、それをす なおにうけいれていた。突如、さいごに、すさまじい戦慄が走った。全身の血がいっぺん にひいてゆくような、 名状しがたい恐怖感の衝撃だった。それが終わったとき、師の説明 も終わった。

先生、その上半身が火となって、下半身が水となる、というのは、どういうことでし

ょうか?

だれかがわたくしに質問した。

「ああ、それはね、全身のチャクラが、すさまじいパワーで、エネルギーを放射したので しょう。 空中浮揚をするために、仏陀は全身のチャクラにすさまじいエネルギーを集中し た。池の上に降り立って、そのエネルギーが放射したのでしょう。そのエネルギーの放射 が、炎のように見えたのだね。 チャクラがエネルギーを放射すると、全身が炎につつまれ たようになって見えます。 これは、ヨーガ・スートラなどにも書いてある。 そういうと きしばしば、からだが透明状になることがある。 下半身が水になったというのは、仏陀 のすがたがそのとき、透明になったので、池の水が反映して、水のように見えたのでし ょう。このミラクルは、 クンダリニー・ヨーガの最高の技術をみせられたものと、わたく しは考えます。 そういえば、わたくしは、以前、仏陀は、クンダリニー・ヨーガの熟達者 だった、と本に書いたことがあります」

そう、わたくしは説明しながら、はやく、ひとりになって、思考をまとめたいと思って いた。さきほど流れこんできたあの思念の流れあれはいったいなんであったのか?

必死に、わたくしは、それを散らすまいとしてみつめつづけていた。はやく、ひとつのも のにまとめたいと思っていた。

それができたのは、それから数時間後、ラクノウという都市に着いて、ホテルに入った ときであった。

わたくしは、あわただしく自分の室に入って、シャワーを浴びると、すぐに定にはいっ た。ミラクルの池でのあの体験を、もう一度再現しようと思ったのである。

定にはいると、すぐに手がはげしく動いた。「自動書記だな」と直感した。 これは、霊 的状態になって手が無意識に動き、文字を書くのである。 すぐに、ノートを、と思った が、あいにく、このホテルは、宿泊するのではなく、午後九時発の夜行列車に乗るまでの 三、四時間を、休息と食事のために入ったので、トランクその他、筆記用具を入れたは すべて、みんなの荷物といっしょに、下のロビーに預けてしまっていた。手もとには何も ない。しかし、とりにいっているひまはない。 時期を逸したら、もう二度とこの手の動き はもどって来ないかも知れぬのだ。

わたくしはあわただしく座を立って、机のひき出しをさがした。あった! さいわい、

ホテルのメモ用紙が数枚あった。 ボールペンもある。 むしゃぶりつくようにペンをにぎる と、それは勢いよくメモの上を走った。

最初、それは、脈絡のない単語や名詞の羅列であった。しかし、それは、ミラクルの 池のあの思念の流れと一致していた。わたくしは、食事もとらず、出発までの時間を挙げ これに傾注した。整理して、さいごに書きあげたのがつぎの文章であった。

それは突然ななめ前方からやってきた。

一瞬、目がくらむほどの衝撃だった。

そんなことなどぜんぜん予期しておらずまったく無防備だった自分は、あっというま その衝撃に叩きのめされてしまったのだ。

修行、学問、そんなものはなんの役にも立たぬものであることを思い知らされた。 こころひそかに誇っていたこれまでの自分の修行も教学も、あっというまに消しとん でしまった。叩きのめされてしまった。

これなんだ、これでなくてはならないのだ。これしかないのだ。目もくらむようなあ

この白銀の輝きにみちたバイブレーション!

一〇〇年の修行も万巻の教学も、ただ一瞬のこの霊的バイブレーションに如かぬこと を思い知らされた。

これがそれだったのだ。これが究極のそれだったのだ。このためにこそわたくしはこ こにやってきたのだ。

おお、サイト・マト、聖なる地、

あなたはここに待っていてくださった。

わたくしがいまあなたから受けたものを、これからわたくしはひとびとにあたえねば ならぬ。

いま、わたくしは聖者であることをつよく自覚する。

すべてのひとびとがこの聖なるバイブレーションを受けることのできる聖地を、わた くしはひがしの国につくらねばならぬ。この輝きにみちたサイト・マトの地を、そ

そうですか。

のまま、日本の国にうつさねばならぬ。 それがわたくしの使命だったのですね。それ をかならずはたすことをわたくしはあなたに誓います。

もう一度、わたくしはこの地に来なければならないのですね。だが、そのときなにが 起きるのでしょうか? そのとき起きる或ることを、わたくしは非常なおそれの感情 とともに予感します。

ああ、あの一瞬の霊的バイブレーション!

一〇〇年の苦行も万巻の書物も、このバイブレーションなくしては、路傍の石ころに も劣るのだった。このバイブレーションをあたえることのできる聖者こそ、真の導師 だったのだ。 理解できました。

聖師よ、ありがとう!

書き終えて、わたくしは虚脱状態になった。

昭和五十五年十一月八日

ラクノウのホテルにて しるす。

その虚脱状態は、帰国するまでつづいたといってよい。 デリーでのパーティー、アジャ タエローラ石窟寺院、と、その後の旅はつづいたが、わたくしのこころは、つね あのミラクルの池の思念の流れに向けられていた。 ホテルで一応ああいうかたちに整理 したけれども、文字に表現できないものがいくつかあった。そのなかに、どうしてもわた くに理解できないものもあった。

あの思念の流れは、わたくしにもう一度このミラクルの池のほとりに来いとつよく命じ ていた。かならず来なければならぬと命じていた。しかし、それと同時に湧きおこったあ 名状しがたい戦慄と恐怖はいったいなんであろうか? どう考えてもわからなかった。 それと、来いとつよく命じているけれども、いつ来いとはいわないのだ。また、なんの ために、ということも知らせてくれない。いま、文字に表現できないものがいくつかある

Eventually, I learned that he was a sage who was Rinpoche’s senior, and whose name was Mechivarasangarathana.

“He is a very learned monk from Sri Lanka.He apparently built a temple here last year.I didn’t know about him until he came here.”

Yes, Rinpoche said.

“It has always been my wish for the Buddha to end his life near this monastery where he preached for 18 years.”

Master Sangaratana spoke in a loud voice that echoed all around. His English was slightly accented. He has a sturdy and sturdy physique, and his loud voice is probably due to his health. He was surprised to hear that he was 81 years old. No matter how you look at him, he looks like he’s in his sixties. The master stood in front of me and showed me around the temple. He was indeed lucky that we had the Master as our guide. The guide provided by the tourist company didn’t have much knowledge about the area, and Rinpoche had only been there once, a few years ago. Like other Buddhist sites, there are no guides at Sahet Mahet. If it were not for Sangaratana, we would have simply wandered around the Gion Shosha and would not have been able to learn anything in detail about each of the ruins. The teacher lovingly points out various things as he explains things, as if it were his own garden.

I was standing on a small hill listening to my teacher’s explanation.

Then, suddenly, it came.

Just as the teacher’s loud voice suddenly seemed to fade away, I felt a thud from in front of me to the right, as if someone had hit me on the head or back.

A white flash flashed in his eyes. It was similar to the light that flashed through his eyes when he was hit hard in the face in kendo. I felt dizzy and put my hand on his forehead. I realized that it was a kind of vibration. As a practitioner of Esoteric Buddhism, I have visited sacred sites around the country and received spiritual vibrations several times. However, it was my first time to experience such a tremendous blow from him. Moreover, he was completely defenseless, so it felt like he was completely caught off guard. Whenever you enter a sacred place, you enter with a certain amount of heart in mind.

That’s why I can accept strong vibrations, but here I am completely defenseless.

“please wait”

The shock was especially strong. It felt like it lasted several seconds, but it was only a moment. My master’s loud voice echoed in my ears once again.

I raised my hand and stopped my master.

“Wait a minute. I just felt a tremendous vibration. It was a tremendous vibration, and yes, it came from that direction. What is that?

I waved in the direction I thought the impact had come from. About 50 meters ahead, there was a depression overgrown with weeds. That’s where it seemed to come from.

“Oh, is that it?”

The master nodded.

“That’s Miracle Pond.”

“Miracle Pond?”

“Yes, the Miracle Pond. Buddha performed miracles there. That’s why it’s called the Miracle Pond.”

“What kind of miracle is that miracle?”

The Buddha levitated and stood above this pond, his upper body turned into fire and his lower body turned into water.

“Huh, what does that mean?”

Well, according to my teacher’s explanation, it was like this.

Sudatta, the great ruler of Sravasti, invested a large sum of money to acquire land here and built a great shrine for the Buddha. The Buddha’s fame spread to all directions, and he touched those who asked for his teachings. There were many Jain and other temples in this area. The leaders of those temples were jealous of the Buddha’s fame and slandered and criticized him in many ways. Among other things, he pretended that the Buddha was nothing more than a master of speech. He was criticized for only preaching theories and having no divine powers; in short, he was a talker. In the religious world of India at the time, it was considered a prerequisite to have some kind of divine power in order to become a leader. However, the Buddha did not want to display his divine power needlessly, and once he came to this place,

He never showed his power.

The leaders of other sects thought this was because the Buddha lacked that power, and attacked him. The Buddha’s disciples, who knew that he possessed great divine powers, once begged him to demonstrate his power, but the Buddha did not consent. The leaders of other sects, who were finally convinced that they wanted him because of his supernatural powers, approached Sudatta through their patrons, other wealthy and influential people, and challenged Sudatta to a match of divine powers with the Buddha. The condition is that if he loses, he will leave this land. Finally, Sudatta could no longer refuse and asked Buddha to pass the match. Or perhaps Sudatta also wanted to see the divine powers of the Buddha. The Buddha also considered Sudatta’s position and finally agreed to it.

That day, the Buddha revealed himself to him as the leaders of other sects competed with him in their various supernatural powers.

The Buddha manifested himself on the stage of a three-story tower. As the crowd watched with bated breath, wondering what kind of divine power he would display, the Buddha was able to effortlessly climb over the railing of the stall and step into the air. For a moment, his hand is released. Buddha falls!

In an instant, the Buddha slowly levitated into the air, passing over the heads of the masses of people gathered in the garden, and standing on top of the garden’s pond filled with clear, clear water. The Buddha is standing calmly on the water of the clear pond, which is rippling in the breeze. The crowd couldn’t help but sing, and the next moment the Buddha’s upper body burst into flames, and his lower body turned into a bead of water.

At the great divine power he witnessed, all his people, including Namiru, the leaders of other religious groups and local powerful people, fell prostrate on the spot and could not lift their heads.

I put my hand on his forehead and listened to his teacher’s explanation. Halfway through, I suddenly felt a stream of conceptual thinking slowly flowing into my brain, accompanied by a soft vibration. I completely ignored his thoughts and accepted them as his own. Suddenly, a terrible shudder ran through me. It was a shock of indescribable fear, as if all the blood in his body was rushing towards him. When that was finished, the teacher’s explanation was also finished.

Teacher, what does it mean that the upper half of a person’s body becomes fire and the lower half of his body becomes water?

Is it okay?

Someone asked me a question.

“Ah, that’s right, the chakras in his entire body must have radiated energy with tremendous power. In order to levitate, Buddha concentrated tremendous energy in his entire body’s chakras. It must have been radiated by the chakras.The radiation of energy looked like flames.When the chakras radiate energy, the whole body appears to be surrounded by flames.This is similar to the Yoga Sutras, etc. It is also written: At such times, the body often becomes transparent. The lower half of the body turned into water because the Buddha’s form became transparent at that time, and the water in the pond turned into water. It probably looked like water because of the reflection.I believe that this miracle was a demonstration of the highest technique of Kundalini Yoga.Come to think of it, I once thought that the Buddha I once wrote in a book that he was a master of Kundalini Yoga.

Yes, while I was explaining to him, he wanted to be alone quickly and collect his thoughts. What on earth was that flow of thoughts that just flowed in?

Desperately, I continued to stare at it, trying not to let it scatter. I wanted to get one for him as soon as possible.

He was able to do this a few hours later, when he arrived in the city of Lucknow and entered a hotel.

I hurried to my room and took a shower, and he immediately settled down. I wanted to recreate that experience at Miracle Pond.

As soon as I entered the room, my hands began to move furiously. I instinctively thought, “It’s automatic writing.” This is when the person enters a spiritual state and their hands move unconsciously to write. I thought I’d take my notebook right away, but unfortunately, I didn’t stay at this hotel for the night, but instead stayed for three or four hours to rest and eat before catching the night train at 9 p.m. My trunk and all my writing materials had been left in the lobby downstairs, along with everyone else’s luggage. He has nothing at hand. However, I don’t have time to go and get it. If the timing is missed, this kind of movement may never come back.

I hurriedly got up from my seat and searched my desk drawer. There it was! Fortunately,

There were some notes from the hotel. There’s also a ballpoint pen. As I gripped the pen, it ran swiftly across the note.

At first, it was just a list of unrelated words and nouns. However, it matched the flow of thoughts in the Miracle Pond. I didn’t eat, and he concentrated on this as we had time until departure. After sorting things out, I finally wrote the following sentence.

It suddenly came from diagonally in front.

For a moment, I was so shocked that I was blinded.

He had not expected such a thing at all and was completely defenseless, but in the blink of an eye, he was knocked out by the shock.

I realized that training, learning, and such things are of no use. All of his training and teaching, which he had secretly been proud of, disappeared in the blink of an eye. I was beaten down.

This is it, it has to be this. This is the only option. It’s so dizzying

Vibrations filled with this silvery shine!

I realized that even a hundred years of training and ten thousand volumes of teachings are nothing like this momentary spiritual vibration.

This was it. This was the ultimate one. It is for this reason that I have come here.

O Site Mat, holy land,

You were waiting here.

What I have received from you now, I must give to others.

Now, I am acutely aware that I am a saint.

We must create a sacred place in the land of East where all people can receive this sacred vibration. The land of Saito Mato is full of brilliance.

is that so.

They must be transferred to Japan as they are. That was my mission. I promise you that I will accomplish this without fail.

I have to come to this place again. But what will happen then? I have a feeling of great fear that something will happen then.

Ah, that momentary spiritual vibration!

Without this vibration, he would be no better than a stone on the side of the road, even after a hundred years of penance and ten thousand volumes of books. The saint who could give this vibration was the true master. I understand.

Thank you, Holy Master!

After I finished writing, I felt depressed.

November 8, 1975

At a hotel in Lucknow, he signs.

It can be said that this state of weakness continued until he returned to Japan. The trip continued, with a party in Delhi and a visit to the Ajata Ellora cave temple, but my mind was always focused on the stream of thoughts in his miracle pond. I sorted it out like that at the hotel, though.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Buddha 2Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis   sサイト

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です