深層意識をつかう瞑想法 ”霊魂の旅:転生と進化の記憶、人間の深層意識の不思議   Meditation method that uses deep consciousness “Spiritual Journey: Memories of reincarnation and evolution, the wonders of human deep consciousness”

究極の瞑想体験:輪廻転生法がもたらす生と死の理解”

1. 深層意識を活用する瞑想法において、望む来世の境遇や状況を明確に観想し、人生の設計図を作ることが重要。
2. 人間の意識は表面意識・潜在意識・深層意識に分かれ、深層意識には霊魂が宿る。
3. 霊魂は魂塊とも呼ばれ、過去のすべての過去世の記憶が含まれている。
4. ヘッケルの生物発生法則によれば、個体発生は系統発生をくり返す。人間の胎児も進化の歴史を形態でたどる。
5. 胎児は形態に応じて過去の進化を経験し、ヘッケルによればそれは生物学的・解剖学的に立証されている。
6. 胎児は意識を持ち、その形態に応じた意識をたどる。過去の経験をくり返していると考えられる。
7. 胎児は十億年の進化の歴史を持つとされ、その記憶が霊魂に詰まっていると主張されている。
8. 人間の進化と転生の記憶が脳に残っていることが、現代の文明文化の原動力とされている。
9. 輪廻転生瞑想法では深層意識を用い、望む境遇や能力を強く念じて瞑想し、過去世の記憶がよみがえる可能性もある。
10. この瞑想修行は死の実態に迫り、自分が死ぬときの情景が浮かび上がることもあり、生と死を理解する究極の悟りをもたらす可能性がある。

[一、深層意識をつかう瞑想法]
わたくしが教える瞑想次第に則って、自分が望む来世の境遇・状況を明確に強く観想していく。
どのような家庭に、どのような人間として、どのような能力・素質を持って生まれていくかという人生の設計図を創り、それをありありと念じるのである。
人間の意識は表面意識・潜在意識・深層意識の三層に大きく分けることがで
きる。この深層意識の領域に霊魂の宿る揚がある。換言すれば、脳のある部分に霊魂がおさまっているのである。そして人が臨終を迎えると、霊魂は肉体を離れて霊的世界へ行き、やがて転生する。
霊魂は魂塊ともいう。魂とは霊魂全体を、院はその核をさす。鶏卵にたとえるならば、卵全体が魂になり、黄身が塊にあたる。この院の中に、その人のあらゆる記憶が詰まっている。それは現在の人生における経験だけではなく、前世、前々世、三世前、四世前、五世前……というような、これまでのすべての過去世における記憶が残されているのである。
いや、人間としての記憶だけではなく、さらには生命の進化の記憶も保存されている。

人は前世の記憶を持つ ヘッケルの生物発生法則

一八六六年、ドイツの自然学者であり、生物学者であったヘッケル(EmstHeinrich HaeckeDが、こういう理論を発表した。
「生物の個体発生はその系統発生をくり返す」
という有名な生物発生法則である。

これは、生物の個体発生は、系統発生のあとをたどるというものである。
この法則によると、人間は、人間の発生当時から現在の自分にいたるまでの形態を、母胎において、つぎつぎとくり返していくのである。つまり、それまでの自分の歴史をたどるわけである。

まず、この世界における生命の発生は、原始海洋における一匹の微小なア
メーバの誕生からはじまる。そのアメーバは、たぶん、オパーリンのいうように、コアセルベーションによって形成されたのであろうが、それがしだいに進化していって、原生動物から、魚、イモリ、カメ、ウサギ、サル、というように変化してきたわけである。

現代における人間の発生も、そのもっとも最初は、アメーバとまったく変わらぬ形態をした一匹の精虫である。母胎内の胎液(羊水)は、原始海洋の成分と同様であり、そこで一匹の精虫は、原始の海で成長をはじめたアメーバのようにたくましく成長をはじめる。

三、四週間たつと、それは、明らかに魚のかたちに進化している。つまり、魚の時代に入ったのだ。その尾は魚のような平たい尾を持っており、のどにはエラの穴のような四対のさけ目が生じ、血管もまた魚のとおりに配置されている。心臓も、現在のわれわれが持っているような、左右両室に分かれた上等の
ものではなく、魚とおなじような単ポンプ式のものである。
二ヵ月だつと、エラも、心臓も、尾も、すっかりなくなって、哺乳類のものに変わってくる。いよいよ哺乳類の時代に進化してきたわけである。この時期には、ヒトも、牛も、犬も、豚も、区別がつかないほどよく似ている。六ヵ月たって、サルとおなじになってきて、足など、サルのようにものをつかみやすい構造になっている。が、これも間もなく変化して、ヒトの足のかたちになってくる。

そして七ヵ月のなかばごろから、ビトはヒト独白の形態を示してきて、ヒトに最も近いサルともはっきりちがったかたちをあらわしてくる。原始人ではあ
ろうけれども、はっきりヒトの段階に入ったわけである。
このように、人間は、十ヵ月の胎児時代に、人間発生以来の歴史、それはおよそ十億年くらいであろうと推定されるのであるが、その長い歴史をくり返すわけである。

以上、ヘッケルは、このことを、生物学的・解剖学的に立証した。
つまり、人間の胎児は、母胎内において、過去の進化のあとを、そのままの形態の上でたどるということである。そうして、ヘッケルは、生物学者という立場からであろうが、それ以上には進まなかった。すなわち、胎児は形態の上で歴史をくり返すというだけで、胎児の意識の面にはまったふれなかったのだ。

胎児は十億年の記憶を持つけれども、胎児は母胎内において、まったく石ころのようになんの意識も持たないで過ごすなどということは考えられないことではないか。

わたくしは、ヘッケルのこの説の上に立って、胎児は、その形態だけ過去の歴史をくり返すのではなく、その形態に応じて、過去の歴史をその意識の上でちくり返すものと考えるのである。

胎児は、当然、胎児としての意識を持つであろう。意識を持っているなら
ば、そのときの形態に応じた意識を持つのが当然である。すなわち、魚とおなじ形態をしているとき、胎児は魚の時代であったときの意識を持ち、サルとおなじ形態を示しているとき、胎児は、サルの時代であったときの意識をたどっているわけである。

ところで、記憶とはなにかというと、過去の経験意識の蓄積である。
そのように意識が逆行して発生展開のあとをたどっていくということは、要するに、経験意識をくり返しているということにほかならず、それは結局、

過イモリ  亀

一ヵ月目
二ヵ月目
三ヵ月目
去の記憶をたどっているということであり、過去を経験してい
るということではないか。
つまり、胎児は、アメーバの時代からヒトにいたるまでの進
化のあとを、十ヵ月の間に全部経験しているわけである。
母胎内における生命のこの経験は、その生命が、太古の昔から現在まで生きつづけているということとまったくひとしいのではないか。
なぜならば、母胎内において過去の経験を意識するということは、それが、母胎内においてでも、あるいは母胎外においてでも、経験意識
の上においては変わりないのであって、その胎児は、経験意識の上において十億年生きてきた記憶を持つのである。

そして、十億年生きてきた記憶を持つということは、十億年生きてきたこととおなじではないか。

その進化の過程におけるすべての記憶が、霊魂の中に詰まっている。要するに、アメーバの時代をはじめ魚、ワニ、ウマ、サルの時代の記憶までもが塊に刻み込まれているのである。
人間の脳の中にそれらの記憶が残っているからこそ、人類は現在のような文明文化を築くことができたのである。人間の進化と転生の記憶こそが文明文化の原動力になっている、とわたくしは確信している。輪廻転生瞑想法では、その生命の全記憶が記録されている深層意識をつかう。深層意識において、
「自分は、このような境遇の、こういう能力を待った人間として生まれ変わ亘と強く念じて瞑想するのである。深層意識をもちいる瞑想であるから、過去
世の記憶がよみがえることもあるかもしれない。
この瞑想修行はじつに衝撃的な内容である。死の実態に迫る瞑想であるか
ら、自分が死ぬときの情景が頭に浮かぶこともありうる。生と死は表裏一体であるから、死の実態を理解してこそ、生まれることの実態もわかる。したがって、輪廻転生瞑想法は人間に究極の悟りをもたらす瞑想だといえるかもしれない。

The Ultimate Meditation Experience: Understanding Life and Death Through Reincarnation”

1. In meditation methods that utilize deep consciousness, it is important to clearly contemplate the circumstances and circumstances of your desired afterlife and create a blueprint for your life.
2. Human consciousness is divided into surface consciousness, subconscious mind, and deep consciousness, and the soul resides in the deep consciousness.
3. The soul, also called the soul mass, contains the memories of all past lives.
4. According to Haeckel’s law of biological development, ontogeny repeats phylogeny. The human fetus also traces its evolutionary history through its morphology.
5. According to Haeckel, fetuses experience past evolution according to their morphology, and this is proven biologically and anatomically.
6. The fetus has consciousness and traces its consciousness according to its form. It is thought that he is repeating his past experiences.
7. It is said that the fetus has a billion years of evolutionary history, and that its memories are packed in the soul.
8. The memory of human evolution and reincarnation that remains in the brain is said to be the driving force behind modern civilization.
9. Reincarnation meditation uses deep consciousness and meditates while strongly thinking about the circumstances and abilities that one desires, and there is a possibility that memories of past lives may come back to life.
10. This meditation practice approaches the reality of death, and may bring to mind the scene of one’s own death, leading to the ultimate enlightenment of understanding life and death.

[1. Meditation method that uses deep consciousness]
Following the meditation method I teach, you will clearly and strongly contemplate the circumstances and circumstances of your desired afterlife.
We create a blueprint for our lives: what kind of family we want to be born into, what kind of person we would like to be, and what kind of abilities and qualities we would like to have, and we visualize this blueprint vividly.
Human consciousness can be broadly divided into three layers: surface consciousness, subconscious mind, and deep consciousness.
Wear. It is in this realm of deep consciousness that the soul resides. In other words, the soul resides in a certain part of the brain. When a person reaches the end of their life, the soul leaves the body and goes to the spiritual world, where it eventually reincarnates.
A soul is also called a soul mass. The soul refers to the entire soul, and the temple refers to its core. If we were to compare it to a chicken egg, the whole egg would be the soul, and the yolk would be the mass. This hospital is filled with all the memories of that person. It is not only the experiences of the present life, but also the memories of all past lives, such as the previous life, the life before the previous, the third, fourth, fifth, etc., that remain.
No, not only our memories as humans are preserved, but also the memories of the evolution of life.

Haeckel’s Law of Biogenesis: People Have Memories of Previous Lives

In 1866, German naturalist and biologist Emst Heinrich Haecke published this theory.
“The ontogeny of an organism repeats its phylogeny.”
This is a famous law of biological development.

This means that the ontogeny of an organism follows its phylogeny.
According to this law, humans repeat their forms one after another in their mother’s womb, from the time they were born to their current self. In other words, I am tracing my own history up to that point.
First of all, the origin of life in this world began with a single tiny atom in the primordial ocean.
It begins with the birth of Maeba. The amoeba was probably formed by coacervation, as Oparin says, but it gradually evolved from protozoa to fish, newts, turtles, rabbits, monkeys, and so on. This means that it has changed.
The origin of modern humans began as a single spermatozoa, which had a shape completely similar to that of an amoeba. The fetal fluid (amniotic fluid) in the mother’s womb is similar to the components of the primordial ocean, so a single sperm worm begins to grow robustly like an amoeba that began to grow in the primordial ocean.
After three or four weeks, it clearly evolved into a fish shape. In other words, we have entered the age of fish. It has a flat, fish-like tail, four pairs of gill-like grooves on its throat, and its blood vessels are arranged just like a fish’s. The heart is also a superior organ, like the one we have today, divided into left and right chambers.
It is not a real thing, but a single pump type similar to a fish.
After two months, their gills, heart, and tail are completely gone, and they become mammalian. We have finally evolved into the age of mammals. At this stage, humans, cows, dogs, and pigs look so similar that it’s hard to tell them apart. After six months, they start to look like monkeys, and their feet and other structures make it easier to grasp things like monkeys. However, this will soon change and take on the shape of a human foot.
From around the middle of seven months, Bitto begins to exhibit the form of a human monologue, clearly different from the monkeys that are the closest relatives to humans. Not a primitive man
Although they may be deaf, they have clearly entered the human stage.
In this way, during the ten-month fetal period, humans repeat the long history of human development, which is estimated to be around a billion years.

As mentioned above, Haeckel proved this biologically and anatomically.
In other words, the human fetus follows the path of past evolution in its mother’s womb in its original form. Haeckel, perhaps from the standpoint of a biologist, did not go any further. In other words, the fetus merely repeats history in terms of its form, but does not concern itself with the aspect of the fetus’s consciousness.
Although a fetus has a memory of billions of years, it is inconceivable that a fetus could spend its entire life inside its mother’s womb like a stone without any consciousness.
Based on Haeckel’s theory, I believe that the fetus does not repeat the past history only in its form, but that it repeats the past history in its consciousness according to its form. be.
A fetus will naturally have consciousness as a fetus. if you have consciousness
Therefore, it is natural that we have consciousness that corresponds to the form we are in at that time. In other words, when the fetus has the same form as a fish, it has the consciousness it had when it was a fish, and when it has the same form as a monkey, it has the consciousness it had when it was a monkey. That’s why there is.
By the way, memory is an accumulation of past experiences and consciousness.
When consciousness goes backwards and follows the path of development and development, it is essentially repeating the experiential consciousness, and in the end,
Newt Turtle
1st month
second month
third month
It means that you are retracing your past memories, and you are not experiencing the past.
Isn’t that what it means?
In other words, the fetus evolved from the time of amoeba to humans.
In other words, they experienced the entire aftermath of the 2011 crisis in ten months.
Isn’t this experience of life in the mother’s womb exactly the same as the fact that life has continued to exist from the beginning of time to the present?
This is because being conscious of past experiences in the mother’s womb means that one’s consciousness of experience, whether in the mother’s womb or outside the mother’s womb, is
Above all, there is no change, and the fetus has the memory of living for billions of years in terms of experiential consciousness.
And isn’t having the memory of having lived for a billion years the same as having lived for a billion years?

All the memories of that evolutionary process are packed into the soul. In short, memories from the era of amoebas, fish, crocodiles, horses, and monkeys are etched into this mass.
It is because these memories remain in the human brain that humanity was able to build the civilization we have today. I am convinced that the memory of human evolution and reincarnation is the driving force behind civilized culture. Reincarnation meditation uses the deep consciousness where all memories of one’s life are recorded. In deep consciousness,
“I meditate with a strong belief that I will be reborn as a person who has been in this situation and has been waiting for this kind of ability.Since meditation uses deep consciousness, I am able to remember the past.
It may even bring back memories of the world.
This meditation practice is truly shocking. Is it a meditation that approaches the reality of death?
Sometimes, images of what it would be like to die may come to mind. Since life and death are two sides of the same coin, only by understanding the reality of death can we understand the reality of being born. Therefore, reincarnation meditation may be said to be a meditation that brings humans ultimate enlightenment.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis 2

運命学

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です