“穏やかな心を手に入れる秘訣: 守護仏宝塔の力で心のトラウマを癒す方法 “The secret to achieving a calm mind: How to heal emotional trauma with the power of the guardian stupa”

“日常の平和を手に入れる: 守護仏との簡単な日課で心を浄化しよう!”

1. 霊障のホトケは特定の個人と精神感応が関連しており、これが影響を与えると考えられる。
2. 霊障のホトケを消滅させるためには、守護仏を本尊とするシカの成仏法が必要であり、宝塔をまつって勤行をすることが含まれる。
3. 守護仏は特殊な霊波を放射し、その波動が無意識の意識層に浸透する力があるとされる。
4. 真言密教では守護仏の霊波を「金色の大光明」と表現し、「プラスの波動・聖なる波動」と考える。
5. 霊障のホトケを持つ人は「マイナスの波動・邪悪の波動」に影響され、無意識の意識層に特殊な欲求・葛藤が浸透する。
6. 催眠状態の人は波動に非常に動かされやすく、守護仏の宝塔の前での勤行は無我になる様式とされている。
7. 勤行により「金色の大光明」を無意識の意識層に浸透させ、霊障のホトケを消滅させ、精神傷を浄化・高揚させることが期待される。

1. Hotoke, a spiritual disorder, is associated with specific individuals and psychosensitivity, and this is thought to have an influence.
2. In order to eliminate the spiritual hindrance, Hotoke, it is necessary to perform the Shika Buddhism method, which has the guardian Buddha as its principal image, and includes enshrining the treasure pagoda and performing gongyo.
3. The guardian Buddha emits special spiritual waves, and these waves are said to have the power to penetrate the unconscious conscious layer.
4. In Shingon Esoteric Buddhism, the spiritual waves of the guardian Buddha are expressed as “great golden light,” and are considered to be “positive waves and holy waves.”
5. People with the spiritual disorder Hotoke are influenced by “negative vibrations and evil vibrations,” and special desires and conflicts permeate their unconscious consciousness.
6. A person in a hypnotic state is very easily moved by vibrations, and practicing practice in front of the treasured pagoda of the guardian Buddha is said to be a form of selflessness.
7. Through gongyo, it is expected that the “great golden light” will penetrate into the unconscious layer of consciousness, eliminate the hotoke of spiritual obstacles, and purify and uplift mental wounds.

どのようにして動かしたのか? 霊的精神感応である。

明らかに、霊障のホトケは、特定の個人と、或る種の精神感応があるとわたくしは思うのだ。霊障のホトケの、その精神感応によって、その個人はつよい影響を受け、 動かされてしまう。 この「他の存在」つまり霊障のホトケが元凶なのであるから、こ れを消滅させなければ、なにをやってもだめなことは当然である。

では、どうやって、その「他の存在」を消滅させるのか? 守護仏を本尊とするシ カの成仏法のみが、 これをなすことができるのである。

そして、つぎに、守護仏をまつった宝塔をいただいて、本人が毎日、因縁解脱の勤 行をするのである。

これにより、本人の深層意識の奥にひそむ特殊な祖先の欲求・葛藤が消滅してゆく のである。その結果、「衝動」もまた消えて、生じなくなる。

そういうと、どうしてなのか? どうして守護仏の宝塔に、そういう力があるの か?と質問するひとがすくなくない。

それは、守護仏にはそういう力があり、だから守護仏なのだ、と答えるしかないの であるが、それだけではなっとくできないひともあるかもしれない。 わたくしは、こ う思うのである。

守護仏は、生身の仏であるから、特殊な波を放射している。 霊的な波動であるから、霊波、といってよい。真言密教では、これを、「金色の大光明」と表現して いる。(如意宝珠法・本尊観)これは、純粋最高の霊波である。 ひとの深層意識、無意識の意識層に浸透する力を 持っている。これを、かりにわかりやすく「プラスの波動・聖なる波動」 とよぼう。 一方、霊障のホトケを持っているひとは、その無意識の意識層に、霊障のホトケの 怨念(ソンディのいう祖先の特殊な欲求・葛藤をうけている。これは「マイナスの 波動邪悪の波動」である。 さきに、わたくしは、フロイトの学説を紹介した。

1、無意識の意識は、自分の知らない他人の意志によって動かされる。

他人の意志によ って動かされるといっているが、わたくしは、むしろ「動かされやすい」と考えてい る。催眠状態に入っているひとは、暗示 (つまり他からのはたらきかけ)に非常に動 かされやすいのである。ときには、動かされることを期待している状態のことさえあ るのである。つまり、霊障のホトケからの衝動・精神感応に非常に動かされやすいの

催眠状態のひとは、このように、波動に非常に動かされやすいのである。 それ は、「マイナスの波動・邪悪の波動」でも「プラスの波動聖なる波動」でも、おな じことである。

ここまで説明すれば、もはやおわかりであろう。

守護仏宝塔の前で、できるだけ無我になって――というのは、表面意識のはたらき をなくして、無意識の意識層をひらく、ということである―そして、勤行をするの である。

無心無我になれさえすれば、べつに勤行しなくてもよいのだが、それは難事であ るから、勤行という無我になる様式をおこなうわけである。

この勤行により、金色の大光明” (霊波)を、わが無意識の意識層に浸透させるの である。 成仏法によって、元凶である霊障のホトケは消滅したが、無意識層に残る抑

トラウマ

・葛藤は、後遺症としてふかい精神傷となっている。 守護仏の聖なる霊波でこれ を消滅させ、さらにこれを浄化し、高揚させるのである。

How did it work? Spiritual empathy.

Clearly, I think that psychic hotokes have some kind of emotional connection with specific individuals. The individual is strongly influenced and moved by the psychopathy of the psychic hotoke. Since this “other existence”, that is, the psychic disorder, is the root cause, it is natural that nothing can be done unless this is extinguished.

Then, how can we extinguish that “other being”?This can only be done by the method of attaining Buddhahood in which the guardian Buddha is the principal object of worship.

Next, he received a treasure pagoda enshrining a guardian Buddha, and the person himself performed the devotional devotion every day.

As a result, the special desires and conflicts of his ancestors hidden in the depths of his consciousness disappear. As a result, the “impulse” also disappears and ceases to arise.

Many people ask why this is so?

He has no choice but to answer that the Guardian Buddha has such a power, and that is why it is the Guardian Buddha, but there may be some people who cannot accept that alone. This is what I think.

Since the Guardian Buddha is a living Buddha, it emits a special wave. Since it is a spiritual wave, it can be called a spiritual wave. In Shingon Esoteric Buddhism, he describes this as ‘Golden Great Light’. (Nyoihojuho/Honzonkan) This is the purest spiritual wave. It has the power to penetrate into people’s deep consciousness and unconscious consciousness. Let’s call this “positive wave/sacred wave” to make it easier to understand. On the other hand, a person with a spiritual disability has, in their unconscious layer of consciousness, the resentment of the spiritual disability (the special desires and conflicts of their ancestors, as Sondy calls it). Waves.” Earlier, I introduced Freud’s theory.

1. The unconscious consciousness is driven by the will of others whom we do not know.

He says that he is driven by the will of others, but I rather think that he is “easy to be driven.” A person in a hypnotic state is very susceptible to suggestion (that is to say, coercion from others). Sometimes he even mentions the state of expecting to be moved. In other words, it is very easy to be moved by the impulses and psychopathy from the psychic hotoke.

A hypnotized person is thus very susceptible to vibrations. It’s the same thing with “minus wave/evil wave” and “plus wave sacred wave”.

If you explain it so far, you should already understand.

In front of the guardian pagoda, he is as unselfish as possible – that is, to eliminate the function of the surface consciousness and open the unconscious layer – and he is the one who does the devotional.

As long as one can become selfless, there is no need to practice devotion, but since this is a difficult task, the practice of selfless devotion is practiced.

Through this devotion, the great golden light (reiha) permeates into our unconscious consciousness.

trauma

・Conflict is a deep mental scar as an aftereffect. It is extinguished by the sacred waves of the guardian Buddha, and further purified and exalted.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis 2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です