仏陀の秘密:エネルギーの星座でたどるクンダリニー覚醒法” Buddha’s Secret: Kundalini Awakening Method Followed by Energy Constellations”

クンダリニー覚醒法

  1. 修行者はクンダリニー覚醒の予備チャクラの場所を知り、導師から教示を受ける必要がある。
  2. 予備チャクラにムドラーと思念を集中し特殊な観想を続け、物理的な刺激を加えて覚醒を完了させる。
  3. 登録とエネルギーの生成後、気道を介してクンダリニーの部位にエネルギーを送り込み、周囲に行わせる。
  4. クンダリニー・ヨーガではピンガラ、イダーの気道の開発が困難であるが、仏陀の法では予備チャクラを使用しやすい。
  5. ピンガラ、イダーの気道の開発はアクセルとブレーキの機能を持つものであり、これを開発しないと各チャクラを目覚めさせたりコントロールすることができない。
  6. ビンガラ、イダーの開発法では特殊な振動を体内に作り出し、声帯、横隔膜、胸腔、腹腔を使用して増幅させる。
  7. チャクラには「大チャクラ」と「小チャクラ」があり、小チャクラは敏感で星のように体内に点在している。
  8. チャクラの星座をたどりながら気道を開発し、修行者は星の海を航海する船長のように進む。
  9. ピンガラ、イダーの気道は星の航跡をたどることで形成され、修行者はその航路を知ることができる。
  10. 形成された気道にはアクセルとブレーキの機能を持たせる難関があり、これを越えるために「最上深秘の呼吸法」が必要である

まず、修行者は、クンダリニー覚醒の予備チャクラの場所を、正確に知らねばならない。さきに、わたくしが、始動用小型モーターだといった経穴である。

これを導師から教示してもらう。チャクラの場所は、個人差があるので、導師から教えてもらうしかないのである。

この予備チャクラにムドラーと共に思念を集中して特殊な観想をつづけていると、チャクラに独特の感覚が生じてくる。これに、さらに物理的な或る刺激を加えると、完全に覚保する。

登録してしだいにエネルギーが生ずるようになると、このエネルギーを、気道によってクンダリニーの部位に送りこみ、また、その周囲に行らせる。指導の通り、正しく行すれば、時間的な違いはあるが、だれでもクンダリニーは目ざめるようになる。

クンダリニー・ヨーガのやりかたでは、クンダリニーの覚醒は非常に困難であり、

したがって成功した例は稀であるとされているが、仏陀の法では、予備チャクラを使うので、それほど至難なものではないのである。仏陀の法のすぐれたところである。

むずかしいのは、ピンガラ、イダーの両気道の開発である。

これはたいへんむずかしい。しかし、どうしてもなしとげなければならぬ修行である。

というのは、仏陀の法におけるピンガラ、イダーの気道は、ただたんなる気道では
なく、前にのべたように、アクセルとブレーキの機能を持つものである。この両気道を開発しなければ、各チャクラを目ざめさせることも出来なければ、コントロールすることも出来ない。脳のチャクラ、神経経路の増強なども、このピンガラ、イダーの
はたらきによるものであるから、これは仏陀の法の眼目ともいうべき法である。その法について解説しよう。

ビンガラ、イダーの開発法

そのテクニックをひと口でいうと、特殊な振動を体内につくり出して、これを吏うのである。
その特殊な振動は、横隔膜、胸腔、腹腔を使い、秘密マントラの特殊な詠唱法によ
って思っす。ムドラー、体位もこれに加わる。
この運動は、最初、声帯を使う。声帯で、正しい振動を声として発生させる。この
秋動ん、胸総、横臓、腹腔へと響かせてゆく。胸腔、腹腔は、いうならば太鼓であ
る。こで共鳴させ、増幅させるのである。
しい動を起こせるようになったら、今度は、発声しないで、おなじ振動を起こ
小劇練に入る。無音声になるが、振動は起こしているのである。というのは、体の内
常に向けて発声しているのである。体の内部に向けて振動を送っているわけだ。体の
内とは、いまのべたように、胸腔、腹腔である。まず、胸腔が、送りこまれた動
あ、で鳴せ戦させる。
さらにこれる、横隔膜が、腹腔の中で増幅させる。
非常に強いエネルギーが、体内に生じることを理解されるであろう。この強いエネ
ルギーが、ピンガラ の気道を開発し、形成するのである。

どのようにして?

ここで、わたくしは、最極秘伝の一つを明かさねばならない。

それは、チャクラに、「大チャクラ」と「小チャクラ」の二種類あるということである。このことは、誰れも知らない。わたくししか知らない秘伝である。クンダリニー・ヨーガと道教、そして仏陀の呼吸法の総合修行からわたくしが発見体得した秘伝
である。そのわたくしが、今度はじめて、今まで秘していた最極秘伝を公開するのである。

チャクラの星座をたどる

「大チャクラ」とは、さきにのべたように、ムーラーダーラ・チャクラ、スヴァーディシューターナ・チャクラ、マニプーラ・チャクラ、アナーハタ・チャクラ、ヴィシュッダ・チャクラ、アージュニャー・チャクラ、サハスラーラ・チャクラの七つであ

「小チャクラ」は、これとは別のものである。人間の体には、おおよそ三百数カ所の小チャクラがある。中国の道教で、「経穴」と称している部位と同一のものもあるし、
まったく違うものもある。小チャクラは、そうでない部分にくらべて、知覚が非常に敏感である。導師のわたくしが、思念をこめて、二、三〇センチくらいの距離から指先で示しただけで、相手はピリピリと感ずるほどである。凝視されただけで感ずるほど敏感な部位もある。

それはちょうど、人間の体、という宇宙に点在する星のように思われる。じっさいに、星座のように、共通する系を以て一つの座を形成しているチャクラの群れもある。

気道を開発するとき、わたくしはこの星たちを利用する。腹部、背部、頭部、どの部分の気道も、この星のチャクラを利用することによって、比較的、らくに道をひらいてゆけるのである。

わたくしは、さながら、この星の海を航海する船長である。どの星からどの星へとたどっていったら、目的地(チャクラ、また、神経叢など)に到達できるのか、わたくしは明確に指示することが出来る。星をたどったその航跡が気道になるのである。
この法によれば、少々鈍感な修行者でも、気道の経路を知ることが出来るであろう。

ピンガラ、イダーの両気道も、そのようにして開発、形成される。

この秘法を知らぬ修行者たちは、羅針盤も持たず、星座で航路を読むことも知らない昔の航海者のように、闇夜の海にただよのみである。

もうお分りであろう。前の節でのべた体内の強い振動エネルギーが、星から星をたどって、ピンガラ、イダーの気道を形成してゆくのである。

これで、最大の難関は突破された。やれやれ、と、ひと息つきたいところであるが、じつは、もう一つ、越さねばならぬ難関があるのである。それはなにか?

それは、このようにして形成されたピンガラ、イダーの気道に、どのようにして、前にのべた、アクセルとブレーキの機能を持たせるか、ということである。これが非常にむずかしいのだ。
どのようにして、それはなされるのか?

最上深秘の呼吸法」

Kundalini Awakening Method

First, the practitioner must know exactly where the kundalini awakening reserve chakra is located. Earlier, I was acupuncture points such as a small motor for starting.

Ask the guru to teach this. The location of the chakras varies from person to person, so there is no choice but to ask the guru to tell you.

If you concentrate your thoughts on this spare chakra with Mudra and continue to have a special idea, the chakra will have a unique sensation. When a certain physical stimulus is added to this, it is completely awakened.

When the energy is gradually generated after registration, this energy is sent to the part of Kundalini by the airway and is made to go around it. As instructed, if done correctly, there will be a time lag, but everyone will wake up to Kundalini.

Kundalini yoga is very difficult to awaken,

Therefore, it is said that successful cases are rare, but the Buddhist law uses a spare chakra, so it is not so difficult. It is an excellent place in the Buddha’s law.

Difficult is the development of both the Pingala and Eider airways.

This is very difficult. However, it is a practice that must be accomplished.

Because the airways of Pingala and Ida in the Buddha’s law are just airways.
Instead, as mentioned earlier, it has accelerator and brake functions. Without developing these two airways, each chakra cannot be awakened or controlled. The chakras of the brain, the enhancement of nerve pathways, etc.
This is the eye of the Buddha’s law because it works. Let me explain the method.

How to develop Bingara and Ida
In a nutshell, the technique creates a special vibration inside the body and barks at it.
The special vibration uses the diaphragm, thoracic cavity, and abdominal cavity, and is based on a special chanting method of the secret mantra.
I think. Mudra and position are also added to this.
This exercise initially uses the vocal cords. Generates correct vibration as voice in the vocal cords. this
It resonates with autumn movement, chest total, side viscera, and abdominal cavity. The thoracic cavity and abdominal cavity are, so to speak, drums.
To. It resonates and amplifies here.
If you can make a new movement, do not speak, but make the same vibration.
Enter into a small drama. It becomes silent, but it is vibrating. Because inside the body
He is always speaking towards him. It is sending vibrations toward the inside of the body. of a body
The inside is the thoracic cavity and abdominal cavity, as we have just mentioned. First, the movement of the chest cavity
Oh, let’s make a fight.
In addition, the diaphragm amplifies in the abdominal cavity.
It will be understood that very strong energy is generated in the body. This strong energy
Ruggy develops and forms the Pingala airway.
how?

Here, I must reveal one of the most secrets.

That is, there are two types of chakras, “large chakra” and “small chakra”. No one knows this. It is a secret that only I know. A secret that I discovered and learned from the comprehensive training of Kundalini yoga, Taoism, and the Buddhist breathing method.
Is. For the first time, I will release the secret story that I have kept secret until now.

Follow the constellations of the chakras

As mentioned earlier, the “large chakras” are the seven chakras of Mueller Dara Chakra, Svadi Shootana Chakra, Manipula Chakra, Anahata Chakra, Vishudda Chakra, Ajnya Chakra, and Sahasrara Chakra. Ah

The “small chakra” is something else. There are about 300 small chakras in the human body. In Chinese Taoism, there are some parts that are called “acupuncture points”,
Some are completely different. Small chakras are much more sensitive to perception than those that are not. I, the gurus, thoughtfully showed it with my fingertips from a distance of about a few centimeters, and the other person felt a tingling sensation. Some parts are so sensitive that you can feel it just by staring at it.

It just seems like the human body, the stars scattered in the universe. In fact, there are also groups of chakras, such as constellations, that form a constellation with a common system.

When developing the airways, I use these stars. The abdomen, back, head, and airways of any part can be opened relatively easily by using the chakra of this star.

I am, just like, the captain who sails the sea of ​​this star. I can clearly indicate from which star to which star I can reach my destination (chakra, nerve plexus, etc.). The wake that traces the stars becomes the airway.
According to this law, even a slightly insensitive practitioner will be able to know the route of the airway.

Both the Pingala and Ida airways are also developed and formed in this way.

The practitioners who do not know this secret are only in the dark sea, like the old navigators who do not have a compass and do not know to read the route in the constellations.

You already know. The strong vibrational energy in the body mentioned in the previous section traces the stars from star to star, forming the airways of Pingala and Ida.

With this, the biggest obstacle has been overcome. I want to take a break, but in fact, there is another difficulty that must be overcome. What is it?

It is how to give the airways of Pingala and Ida thus formed the functions of accelerator and brake mentioned above. This is very difficult.
How is it done?

The most secret breathing method “

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis 2

運命学

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です