超越の道:仏陀の秘められた修行法   The Path of Transcendence: The Buddha’s Secret Training Method

仏陀の教え:成仏への三学と修行法

1. 仏陀は弟子たちに「三学」を教え、それは「戒」「定」「慧」で構成されている。
2. 三学の中心は「定」であり、戒と慧は定を補助する修行法である。
3. 仏陀の修行法は「成仏法」であり、七つの科目と三十七種類の教程に分かれる。
4. これを「成仏のための七つのシステム・三十七種のカリキュラム」と呼ばれる。
5. 特殊訓練として「クンダリニー・ヨーガ」が取り入れられ、慧力法や七覚支法が進む。
6. 七覚支法はクンダリニー・ヨーガの訓練と併合され、仏陀はクンダリニー・ヨーガの達人だったとされる。
7. 七覚支法には「択法」「精進覚支」「喜覚支」「軽安覚支」「定覚支」「念覚支」が含まれる。
8. 念覚支法を修行すると、超人の力が身につき、例えば思念の力で病気を癒すことが可能とされる。
9. これが仏陀釈尊が弟子たちに教えた「仏法」であり、一般的な仏教と異なると主張されている。

Buddha’s teachings: Three learnings and training methods for attaining Buddhahood
1.The Buddha taught his disciples the “Three Sciences”, which consist of “Precepts”, “Consideration”, and “Wisdom”.
2. The center of the three sciences is “contemplation,” and precepts and wisdom are training methods that support contemplation.
3. The Buddha’s training method is “the method of attaining Buddhahood,” which is divided into seven subjects and 37 types of teachings.
4. This is called “Seven systems/37 types of curriculum for attaining Buddhahood.”
5. “Kundalini Yoga” was introduced as a special training, and the wisdom method and the seven enlightenment methods were advanced.
6. The Seven Awakening Dharma was combined with the training of Kundalini Yoga, and Buddha is said to have been a master of Kundalini Yoga.
7. The seven Gakusho methods include “Choice method”, “Shojin Gakusho”, “Kikakusho”, “Kingan Gakusho”, “Jōgakusho”, and “Nen Gakusho”.
8. It is said that by practicing Nen Gakushoho, you will acquire superhuman powers, and for example, be able to heal illnesses with the power of your thoughts.
9.This is the “Buddha Dharma” that Buddha Shakyamuni taught to his disciples, and it is claimed that it is different from general Buddhism.

仏陀は弟子たちに何を教えたか?

仏陀が弟子たちに教えたことは、三つのものに集約することができる。 これを「三学」という。

「成・定・慧」である。

戒は、仏弟子として守らなければならぬ「戒律」である。 定は、特殊な練行や瞑想法で、要するに、仏陀となるための修行法である。 慧は、教学によって真理を学び、智慧をみがくことである。 この三学は、いうならば、三位一体であって、一つといえども欠かしてはならぬものであ

しかし、強いていえば、その中心は「定」ということになろう。戒と慧は、定を完成させ るための補助の行である。 そこで、「定」についてかんたんにのべることにする。 定 (samadhi) は、定慮、三摩地、などと訳され、ふつうには、精神を統一し、集中して瞑 想などをすること、というように解説されているが、仏陀の教えた「三学」の中では、成仏 法の修行を意味することになる。

仏陀の修行法は、整然とした体系を持っている。それは、七つの科目と三十七種類の教程 に分けられる。ゆえに、「七科三十七道品」あるいは、「三十七菩提分法」と呼ばれる。 これは、菩提を成就する修行の構成部分であるから、菩提分法というわけで、アビダルマ

在家の誇師たちによって、名づけられたものである。

私は、これを、わかりやすく、「成仏のための七つのシステム・三十七種のカリキュラム」 と呼んでいる。 それは、つぎの通りである。

[システム]

[カリキュラム]

四念処法 | 四正 断法

身念処法・受念処法・心念処法・法念処法 断断法・側儀断法・随護断法・修断法

ししょうだんほう

見日

し じんそくほう 四神足法 ご こんほう)

五根法

ご りきほう 五力法 しちかく し ほう 七覚 支法

よくじんそくほうごんじんそくほうしんじんそくほうかんじんそくほう 欲神足法・勤神足 法・心神足法 觀神足法 しんこんほうしょうじんこんほうねんこんほうじょうこんほう え こんほう 信根法・

念根法・定 根法・慧根法 しんりきほうしょうじんりきほうねんりきほうじょうりきほうえ りきほう 信力法・ 進力法・念力法・定 力法・慧力法 ちゃくほうかく しほうしょうじんかく しほうき かく し ほうきょうあんかく し ほうしゃかく しほうじょうかく し

全天竜之去・吉見支 択 法覚支法・ 法・喜覚支法・軽 安覚支党支 ほうねんかく し ほう 法・念覚支法覚

What did the Buddha teach his disciples?

What the Buddha taught his disciples can be summarized in three things. This is called “threefold training”.

It is “Naru, Sada, Kei”.

The commandments are the “commandments” that must be observed as a Buddhist disciple. Sada is a special practice or meditation method, in short, a practice method for becoming a Buddha. Kei is to learn the truth through theology and to polish wisdom. These three studies are, so to speak, a trinity, and even one must not be missed.

However, if it is strong, the center will be “fixed”. Kai and Kei are auxiliary lines to complete the decision. Therefore, I will briefly talk about “fixed”. Samadhi is translated as samadhi, samadhi, etc., and is usually explained as unifying the spirit and concentrating on meditating, but the Buddha taught. In “Samadhi”, it means the practice of the Buddhahood method.

The Buddha’s practice has an orderly system. It is divided into seven subjects and thirty-seven types of lessons. Therefore, it is called “Seven departments thirty-seven dojos” or “thirty-seven bodhipakkhi method”. Since this is a component of the training to fulfill the bodhipakkkki, it is a bodhipakkkaku method, and Abhidharma

It was named by the lay masters.

I call this “seven systems for the Buddhahood, thirty-seven curriculums” in an easy-to-understand manner. It is as follows.

[system]

[curriculum]

Satipatthana Law | Four Right Exertions Law

Satipatthana, Satipatthana, Satipatthana, Satipatthana, Satipatthana, Satipatthana, Satipatthana, and Satipatthana

Shishodanho

Seeing day

Shijinsokuho Iddhipada Gokonho)

Indriya method

Gorikiho Five Strengths Shichikaku Shiho Seven Factors of Awakening

Frequently Jin-soku-ho-gon-jin-soku-ho-shin-jin-soku-ho-kan-jin-soku-ho

Psychokinesis method, Psychokinesis method, Psychokinesis method, Psychokinesis method, Psychokinesis method, Psychokinesis method, Psychokinesis method, Psychokinesis method Psychokinesis Psychokinesis Psychokinesis Psychokinesis Psychokinesis

Seven Factors of Awakening, Yoshimi Support Law, Law, Kikyo Support Law, Light Ankaku Branch Party Support Law, Memorial Support Law

この訓練で、人間ばなれした力が身にそなわりはじめる。 クンダリニー・ヨーガの特殊訓練がはじまる。

慧力法(智力法ともいう) 高度の智慧を身につける訓練である。 私は、求聞持聡明法の修行から始めさせる。

以上の五力法を、基礎訓練とし、この五力法の上に立って、つぎの本格訓練に入ってゆく。

七党支法

七覚支法は、すべて、クンダリニー・ヨーガの訓練と併合しておこなわれる。 これは、私の発見である。 最初、私は、仏陀の成仏法に挑戦して、まったく歯が立たなかった。手も足も出なかった。 なんとか手がかりをつかもうと、四苦八苦しているうちに、阿含の文献の中に、「ゴータマ・ブッダは・*ヨーガの達人”と呼ばれる」という文章を発見した。

この事を考えているうちに、このヨーガ』は、ラージャ・ヨーガと、クンダリニー・ヨ ーガに違いないと、思いあたった。 それを端緒にして、十数年かかって、私は仏陀の成仏法の秘密を解いた。 まさに・仏陀釈尊は、クンダリニー・ヨーガの達人だったのである。 クンダリニー・ヨーガの体得なくして、仏陀の成仏法には一指もふれることができないであろう。

ちゃくほう)

択 法費支

「択」とは「えらぶ」という意味で、あらゆるもの(法)の中から真実のものをえらび出し、 真実ならざるものは捨て去る智慧の獲得である。 さきにのべた「事物の明確な認識と予知」の力は、この択法覚支から得られるのである。

精進覚支 精進力が、倍加する。

喜覚支

精進努力し、能力が増加、あるいはあたらしい能力を身につけることに喜びを感じ、ます ます訓練に精勤するようになる。どんなにきびしい修行でも、喜びをもって受け入れるよう になる。

それは、クンダリニー・ヨーガのチャクラを動かすことにより、訓練が楽しくなるホルモ ンを湧出させるからである。

きょうあん 軽 安覚支

軽 安覚支 常に、身心を軽快明朗にして、心が惜冥(暗く濁る)したり、渋滞したりしない修行。 喜覚支をさらに進めたもので、クンダリニー・ヨーガと併合した、特殊な訓練で得られる 能力である。 聖者特有の、のびやかな姿体と、平安で穏やかな人相となってくる。京信念をはなれて、なにごとにも心がかたよったり、心の平静が乱されなくなる。

対象へのとりれを捨てる修行である。

車安ろ。つづいて、聖者としての心がそなわってくるのである。

定覚支

定覚支定方法について、超人としての能力が飛躍的に強化される。 宿屋なビ力(精神統一)の強化により、感覚器官が増幅される。 この1極限は、不可視光線(赤外線、紫外線)を見ることができ、超音波を聞くこと 力できるようになる。その結果、天災地変も予知することが可能となる。そこまで到達する ことは容易ではない。この修行によって、聖者たちは、大なり小なり、この能力 るのである。

和心者でも、予感や、予知力が身にそなわる。どんな初心者でも、とにかく えてくることはまちがいない。

念覚支

この修行を完成した超人の力は、ふつうの人の「常識」を越え、常識を破壊してしまうだ ろう。たとえば

これは、一つの例えであるが、かれの思念の力は、他人の内臓の中にできた腫瘍(ガンな ど)を、その念の集中力で、破壊、あるいは溶かしてしまうことも可能である。仏陀やその 弟子たちは、そのようにして、病人を癒したものである。(ただ、この場合、ガンを破壊して も、破壊されたガン細胞が他に転移するおそれがあるので、ガン細胞そのものを死滅させる ほどの念の力が伴わなければ危険であり、軽々しくこれを行うことはできない。それほどの 力は、仏陀ご自身でなければ持てないのかもしれない。一つの可能性の例として、あげたわ けである)

そんな力は例外としても、念力法、念覚支法を修行した場合、中等程度の者でも、常人の 信じられないような念の力を持つようになる。

いかがであろうか? これが、仏陀釈尊の、弟子たちに教えた「仏法」なのである。

れが、真実の仏教なのだ。あなたがこれまで常識として考えていた仏教とは、大分ちが うのではなかろうか?

多くの人が仏教だと思っている『法華経』とか『阿弥陀経』は、仏陀釈尊がお説きになっ たものではないのである。これら「大乗経典」とよばれる経典は、仏陀がお亡くなりになっ て二、三百年もたってから、無名の人たちによって創作されたものである。だから、これら の経典は、学問的には「創作経典」とよばれているのである。

創作経典の中には、「成仏法」は全く欠落している。一行も書かれていない。当然であろう。 「成仏法」は、仏陀釈尊しか教えることが不可能だからだ。無名の人たちが勝手に創作した大 乗経典に「仏陀の成仏法」が全くないのは、当然至極というべきだろう。 日本の仏教は「大乗仏教」である。つまり、「創作仏教」であって、「仏陀の仏教」ではな い。従って、「仏陀の成仏法」は全くない、というわけである。 日本の仏教徒が、仏陀の成仏法を全く知らない、というのは、ここに原因があるのである。 私は、このことが心から残念でならないのだ。

With this training, the power of being human begins to be acquired. Special training for Kundalini Yoga begins.

Wisdom method (also called intelligence method) This is a training to acquire a high degree of wisdom. I will start by practicing the method of sagacity.

The above five strengths method is used as the basic training, and based on this five strengths method, the next full-scale training will be started.

Seven Party Branch Law

The Seven Factors of Awakening are all combined with the training of Kundalini Yoga. This is my discovery. At first, I challenged the Buddha’s Buddhahood method and was completely sick. I couldn’t get my hands or legs out. While struggling to get a clue, I found the sentence “Gautama Buddha is called * Yoga Master” in Agama’s literature.

While thinking about this, I realized that this yoga must be Raja Yoga and Kundalini Yoga. With that as a starting point, it took me more than a dozen years to unlock the secret of Buddha’s Buddhahood. Indeed, Buddha Shaka was a master of Kundalini yoga. Without the knowledge of Kundalini Yoga, one would not be able to touch the Buddha’s Buddhahood.

Chakuho)
Choice of legal expenses

“Choice” means “selection”, and is the acquisition of wisdom to select the true one from all things (laws) and to throw away the untrue one. The power of “clear recognition and prediction of things” mentioned earlier can be obtained from this alternative sense.

Devotion support The devotion power doubles.

Awakening

I am delighted to work hard, increase my abilities, or acquire new abilities, and I become more and more devoted to training. No matter how hard the training is, you will be happy to accept it.

This is because moving the Kundalini Yoga chakra creates a form that makes training fun.

Today’s light safety support

Light and secure training Always keep your body and mind light and clear, and practice so that your mind does not become lonely (dark and muddy) or traffic jams. It is a further advancement of the joyous sensation, and is an ability obtained by special training combined with Kundalini Yoga. The laid-back figure peculiar to the saint and the peaceful and calm face. Beyond the Kyo belief, everything will be stiff and the calmness of the mind will not be disturbed.

It is a practice to abandon the obsession with the subject.

Car cheap. Then, the heart as a saint comes to me.

Jokaku support

The ability as a superhuman will be dramatically strengthened with regard to the method of determining the decency. The sensory organs are amplified by strengthening the inn’s power (unification of mind). In this one limit, invisible light (infrared rays, ultraviolet rays) can be seen, and ultrasonic waves can be heard. As a result, it becomes possible to predict natural disasters. It’s not easy for him to get there. By this practice, the saints, more or less, have this ability.

Even a Japanese-minded person has a sense of precognition and precognition. There is no doubt that any beginner will come back.

Seven Factors of Awakening

The power of the superhuman who completed this training will exceed the “common sense” of ordinary people and destroy the common sense. for example

This is an analogy, but the power of his thoughts can destroy or dissolve the tumor (his cancerous throat) that has formed in the internal organs of another person with his concentration. Is. The Buddha and his disciples thus healed the sick. (However, in this case, even if the cancer is destroyed, the destroyed cancer cells may metastasize to other cancer cells, so it is dangerous unless the cancer cells themselves are killed. You can’t do that. You may not have that much power unless you are the Buddha himself. I’ve given it as an example of one possibility.)

With the exception of such powers, if you practice the Psychokinesis Law and the Seven Factors of Awakening Law, even moderate people will have the unbelievable power of psychokinesis of ordinary people.

How about this? This is the “Buddhism” that Buddha Shakuson taught his disciples.

This is true Buddhism. Isn’t he Oita different from the Buddhism you used to think of as common sense?

The “Lotus Sutra” and “Amida Sutra”, which many people consider to be Buddhism, are not hiss, as Buddha Shaka Nyorai preached. These “Mahayana scriptures” were created by unknown people a few hundred years after the death of the Buddha. Therefore, these scriptures are academically called “creative scriptures”.

The “Buddhahood Law” is completely missing in the creative scriptures. No line is written. Naturally. This is because the “Buddhahood Law” can only be taught by Shaka Nyorai. Naturally, it should be said that there is no “Buddha’s Buddhahood Law” in the Daijo scriptures created by anonymous people. Buddhism in Japan is “Mahayana Buddhism”. In other words, it is “creative Buddhism”, not “Buddha Buddhism”. Therefore, there is no “Buddha’s Buddhahood Law”. This is the reason why Japanese Buddhists do not know the Buddha’s Buddhahood method at all. I’m really sorry for this.

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Buddha 2Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis   sサイト

大日如来の智慧を表現した「金剛界」 .一印会 “Kongokai” expressing the wisdom of Dainichi Nyorai.Ichiinkai

胎蔵界曼荼羅 たいぞうかい Womb Realm Mandala Taizokai

瞑想のcyber–price

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です