仏舎利:仏教の聖なる宝、釈迦仏の不滅の遺産 Buddha Shari: The Sacred Treasure of Buddhism, the Immortal Legacy of Shakyamuni Buddha


– 仏教の仏舎利は、釈迦仏の遺骨や遺物、その一部を指し、信者にとって非常に重要な聖なる遺物である。
– 釈迦仏の遺骨は入滅後に細かく砕かれ、多くの仏舎利が作られ、異なる地域の寺院に分布された。
– 仏舎利は信仰の対象として大切にされ、特別な舎利堂で保管され、信者はそこで参拝や供養を行う。
– 仏舎利は寄進や寄贈され、信仰心の象徴だけでなく、歴史的・美術的価値を持ち、美術品としても評価されることがある。
– 仏教の本尊として、仏舎利は信者にとって聖なる存在であり、仏教の教えや価値観を具体的に表すものとなっている。
– 阿含宗の本尊は釈迦の聖霊が宿る「真身舎利」であり、「真正仏舎利尊」とも呼ばれ、仏教徒にとって最高の本尊である。
– 真正仏舎利は「生いける釈迦」そのものであり、仏教の中で最も尊崇される存在である。

– In Buddhism, Buddha’s ashes refer to the remains, relics, or parts of Shakyamuni Buddha, and are sacred relics of great importance to believers.
– After the Buddha’s death, the remains of the Buddha were crushed into small pieces, and many sariras were made and distributed to temples in different regions.
– Buddha’s sariras are cherished as objects of faith and are kept in special sari halls, where believers worship and make offerings.
– Buddha’s ashes are donated or donated, and they are not only symbols of faith, but also have historical and artistic value, and are sometimes valued as works of art.
– As the principal image of Buddhism, Buddha’s ashes are sacred to believers and concretely represent Buddhist teachings and values.
– The principal image of the Agon sect is the “True Body Shari” in which the Holy Spirit of Buddha dwells, and is also called the “Genuine Buddha Sharison” and is the highest principal image for Buddhists.
– Authentic Buddha Shari is the “living Buddha” itself, and is the most revered being in Buddhism.

仏教の仏舎利(ぶっしゃり)は、仏教徒にとって非常に重要な寺院や仏教寺院における聖なる遺物です。仏舎利は、釈迦(しゃか)仏の遺骨や遺物、あるいはその一部を指すことが一般的です。

釈迦仏が入滅(にゅうじゅう)した後、彼の遺骨は細かく砕かれ、多くの仏舎利が作られました。これらの仏舎利は、仏教の教えを広めるために異なる地域に分布され、多くの寺院に安置されました。

仏舎利は、信仰の対象として大切にされ、仏教徒はそれに敬意を払います。寺院や仏教寺院では、仏舎利を保管するための特別な舎利堂が建てられ、信者はそこで参拝や供養を行います。また、仏舎利は仏教の信仰の中で、功徳を得るために寄進や寄贈されることもあります。

仏舎利は、信仰心の象徴としてだけでなく、仏教の歴史や伝統の一部としても重要視されています。一部の仏舎利は、歴史的な価値や美術的価値を持ち、美術品としても評価されています。

仏教の仏舎利は、信者にとっては聖なる存在であり、信仰の対象として大切にされています。それらは、仏教の教えや価値観を具体的に表すものとして、多くの人々にとって心の支えとなっています。


その宗旨における信仰の絶対対象である仏を「本尊」と呼びます。阿含宗の本尊は、釈迦の聖霊(せいれい)が宿る聖物(せいもつ)として、昔から仏教徒の間で深く尊崇されている「真身舎利(しんじんしゃり)」です。
阿含宗では、これを「真正仏舎利尊(しんせいぶっしゃりそん)」と呼んでいます。
仏教徒にとって、ゴータマ・ブッダ=お釈迦さまのご聖骨である真正仏舎利は「生いける釈迦」そのものであり、仏教では唯一最高の本尊です。
想像や概念上の仏ではなく、木像や図像の仏でもなく、ブッダとして実在した釈迦の聖骨であり、仏教における最高の本尊です。

Buddhist relics are sacred relics in temples and Buddhist temples of great importance to Buddhists. Butsushari generally refers to the remains or relics of Shakyamuni Buddha, or parts thereof.

After Shakyamuni Buddha passed away, his bones were broken into small pieces and many Buddha ashes were made. These Buddha relics were distributed in different regions and enshrined in many temples to spread the teachings of Buddhism.

Buddha relics are treasured as objects of faith, and Buddhists pay respect to them. In temples and Buddhist temples, special reliquary halls are built to store the relics of the Buddha, and devotees visit and hold memorial services there. In addition, Buddhist relics are sometimes donated or donated to obtain merit in the Buddhist faith.

Buddha’s ashes are considered important not only as a symbol of faith, but also as part of the history and tradition of Buddhism. Some Buddhist relics have historical and artistic value, and are also valued as works of art.

Buddhist reliquary is a sacred existence for believers and is valued as an object of faith. They serve as emotional support for many people as they concretely represent the teachings and values of Buddhism.

Buddha
The Buddha, which is the absolute object of faith in that sect, is called the ‘honzon’. The principal image of the Agon sect is the “Shinjinshari”, which has been deeply revered by Buddhists since ancient times as a sacred object in which the Holy Spirit of Shakyamuni resides.
In the Agon sect, this is called “Shinsei Bussharison”.
For Buddhists, the Gautama Buddha, which is the sacred bones of Buddha, is the “living Buddha” itself, and is the only and highest principal image of Buddha in Buddhism.
It is not an imaginary or conceptual Buddha, nor a wooden or iconographic Buddha, but the sacred bones of Shakyamuni who actually existed as Buddha, and is the supreme principal image of Buddhism.

三重の釈迦。

密教では、シャカの御遺骨、御遺身を「変化法身の釈迦」といって、生身のシャカ の本体とするのである。 遺骨、御身が生きているシャカの本体なのである。

仏の本質を緻密に芸術化し、象化して表現する点で、密教はもっともすぐれてその密教では、シャカに三重あることを説いている。これを「三重の釈迦」とい

第一重のシャカは、胎蔵界マンダラ中台にまつられている四仏の一つで

鼓雷音仏」という名前でまつられている。

この名前は、涅槃の智慧を、天(雷) のような法音をもって衆生にさとらせる仏という意味で、つまりシャカの説いた教法を、仏として表現したのである。

自性身の仏ともいう。

第二重のシャカは、胎蔵界マンダラ釈迦院のシャカで、これが、生身のシャカの本体とされる。本尊としてえがかれているのが、如来、如来舌など、生身のシャカの ゆいにつ御遺骨、御身である。

第三重のシャカは、ボードガヤの菩提樹の下でさとりをひらかれ、仏陀になられた説いている教義と関係なく、突然、仏舎利の霊験功徳が飛び出してきたりする。思う に、これは、その霊験功徳の偉大さに感激して思わずそういうかたちでほとばしり出 たものとみてよいのではなかろうか。

経論のほかに、奇蹟的な体験談もかず多く残されている。 それを集めたら、それだ

けで大部の書物ができあがるほどである。

それらのなかから、代表的なお経を一、二のせてみよう。

「宝悉地成仏陀羅尼経』唐・不空訳 (抄)

その時仏は、金剛手虚空蔵等の大菩薩に、つぎのようにおっしゃった。

「あらゆる人々と如来とは、ともに法において平等に法身である。 ところが多く

の衆生は妄執にとらわれて、相依相関に依る縁起の世界を、実存の世界と誤り考えてしまう。そのために、常に、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・・天の六のい ずれかの、貧しく賤しい家に生まれ、法に親しむ善き友には近づかず、真理を説 智慧ある人には親しまず、悪い行いを犯して迷いの世界に漂流し、さとりを得られず、永遠に迷いの世界を脱することができないのである。

私はこれらの人々をさとりに至らせるために、大宝陀羅を説こうと思う。

これを、法身駄都如意宝珠甘露薬王金剛精進 常住真如宝王太郎という。 末法のこの世界の人々が、仏舎利の一粒を手に入れて信仰し奉持するならば、 その人こそ本当の仏の弟子である。 なぜならば、この舎利は法身釈迦牟尼如来の 常住不変の本体だからである。

そのようにして仏舎利を持し信仰してこの大宝陀羅尼を一心に唱えれば、大 なる智慧を得て、すべてに巧みなる菩薩となることができるであろう。 また、人が、この真言をとなえ、仏性を求めて仏舎利を礼拝すれば、妊戒・盗・大妄語戒を破る四重罪と、五逆罪、仏法を誹謗した越三昧耶の罪な

どあらゆる重罪はことごとく消滅し、よき望みごとがすべて達成されるであろ

貧乏や病気に苦しみ、あるいはさまざまな不運不幸に見舞われて、地獄のよう絶望の世界をさまよう者は、前世における悪い行為を懺悔し、仏法僧の三もしも仏舎利を得たら、その浄穢を論ぜず、そのまま一心に礼拝供養せよ。 そして心の底から仏の徳を念じてやまなければ、その身そのままに仏の清浄心を得て、金剛頂に住するであろう。この人を、仏身を持する者、金剛(のさとり)をれである。

持するもの、宝法を持する者というのである。すなわちこの人こそ大菩薩摩訶 なのである。

『大般涅槃経』後分唐・若那跋陀羅訳

天界に住む神々と、僧侶、在家の仏教徒は、仏舎利を得たら七つの宝でできて いる瓶に盛り、これを都城の内なる道地において、七宝でできている塔を建立し 仏舎利を供養するならば、生きとし生ける一切衆生に大いなる功徳をもたら し、三界に生存する三有の苦しみを離脱し、涅槃の安楽にいたらせるであろう。 仏舎利を供養するということは、まさに生ける仏を供養することなのである。

以上のこれらの経論と、わたくし自身の得たる霊験奇蹟により、わたくしは、仏舎

利を守護仏とおよびするのである。守護仏とは、仏舎利のことなのである。 それは当然のことで、仏教の始祖たる仏陀シャカこそ、すべての仏教徒の一心の祈 りにこたえて、救いの手をさしのべてくださる守護仏なのである。

密教最極最奥の秘法-

-「駄都法」「如意宝珠法」

さて、わたくしは、さきの章で、密教が、盛大な仏舎利信仰をマンダラにとり入れ たとのべたが、密教が仏舎利信仰をとり入れたのは、マンダラだけではなかったので ある。

密教にとってもっとも重要な修法の上にもとり入れたのである。

「駄都法」 「如意宝珠法」と名づける、密教において最極最奥とされる深秘の法がそ

つまり、インドの仏教徒たちが得た霊験功徳を修法としてとり入れたわけだ。

Mie Buddha.

In esoteric Buddhism, Shaka’s bones and body are called “Shakyamuni’s body of transmutation,” and are regarded as the body of the living Shaka. Remains, you are the body of the living Shaka.

Esoteric Buddhism is the best in articulating and symbolizing the essence of Buddha, and it preaches that there are three types of Shaka. This is called “Mie no Shaka”

The first layer, Shaka, is one of the four Buddhas enshrined in the Womb Realm Mandala Chudai.

It is enshrined under the name Koraionbutsu.

This name means a Buddha who awakens the wisdom of Nirvana to sentient beings with a dharma sound like heaven (thunder), in other words, it expresses the Dharma taught by Shaka as a Buddha.

It is also known as the Buddha of the Self.

The second Shaka is the Shaka of the Womb Realm Mandala Shaka-in Temple, which is considered to be the main body of the Shaka in the flesh. The main object of worship is the remains of a living Shaka, such as Nyorai and Nyoraitongue, which are related to him.

The third-level shaka is enlightened under the bodhi tree of Bodgaya and becomes a Buddha. In my opinion, it is possible to regard this as something that burst out involuntarily in such a way as a result of being deeply moved by the greatness of the miraculous merit.

In addition to his treatises, there are also many accounts of his miraculous experiences. Collect it and that’s it

A large number of books can be completed in just one.

Let’s list one or two representative sutras from among them.

“Treasure of the Land of Buddha Dharani Sutra” Translated by Tang Fuku (excerpt)

At that time, the Buddha said to the great bodhisattvas, such as Kongote Kokuzo, as follows.

“Both all people and Tathagatas are equal Dharma Bodies in the Dharma.

The sentient beings are obsessed with delusions and mistakenly think of the world of dependent origination, which depends on interdependence, as the world of existence. For this reason, one must always be born into a poor and humble family in one of the six realms of Heaven: Hell, Hungry Ghosts, Beasts, Asuras, etc., and stay away from good friends who are familiar with the Dharma, and away from those who preach the truth and are wise. , committing bad deeds and drifting into a world of delusion, unable to attain enlightenment, and forever unable to escape from the world of delusion.

In order to bring these people to enlightenment, I will preach Daihodara.

This is called Hoshindato Nyoi Hoju Honeydew Medicine King Kongo Shojin Joju Shinnyohou Taro. If people in this world of the Latter Day of the Dharma acquire a piece of Buddha’s ashes and believe in it and hold it, that person is a true disciple of the Buddha. This is because this reliquary is the eternal and unchanging body of the Dhamma Shakyamuni Tathagata.

If you hold the sarira in this way, believe in it, and chant this Great Hodharani with all your heart, you will gain great wisdom and become a bodhisattva who is adept at all things. In addition, if a person recites this mantra and worships the Buddha’s ashes in pursuit of the Buddha nature, he will commit the four serious offenses of violating the precepts of pregnancy, theft, and blasphemy, the five treasonous offenses, and the crime of slandering Buddhism.

May all felonies be extinguished, and all good wishes fulfilled.

Those who suffer from poverty and illness, or suffer from various misfortunes, and wander in a hellish world of despair, should repent of their bad deeds in their previous lives, and discuss the purification of the Buddha’s ashes. Instead, let us devote ourselves wholeheartedly to the worship service. And if one does not cease to meditate on the Buddha’s virtue from the bottom of one’s heart, one will acquire the Buddha’s pure mind and live at the top of Vajra. This person is the one who has the body of Buddha, the vajra (no satori).

Those who have it, those who have the treasure law. In other words, this person is the Great Bodhisattva Maka.

“Great Prairie Nirvana Sutra” Translated by Wakana Tang

When the gods, monks, and lay Buddhists who live in the heavens obtain the Buddha’s ashes, they place them in jars made of the Seven Treasures, and build a pagoda made of seven treasures in the inner road of the city to place the Buddha’s ashes. If it is offered, it will bring great merit to all living beings, free them from the suffering of the three beings living in the three worlds, and bring them to the comfort of nirvana. To hold a memorial service for the relics of the Buddha is to hold a memorial service for the living Buddha.

Based on these sutras and the miraculous miracles that I myself have experienced, I am able to

Tori is regarded as a guardian buddha. Guardian Buddha is the relic of Buddha. It is only natural that Buddha Shaka, the founder of Buddhism, is the guardian Buddha who answers the single-minded prayers of all Buddhists and extends a helping hand.

Esoteric Buddhism’s deepest secret method-

– “Datoho” “Nyoihojuho”

Now, in the previous chapter, I said that Esoteric Buddhism incorporated the great worship of Buddhist relics into mandalas.

It was incorporated into the most important rituals of esoteric Buddhism.

The most profound and most secret method of esoteric Buddhism, called “Dadoho” and “Nyoihojuho”

In other words, they adopted the miraculous merits obtained by Indian Buddhists as training.

如意宝珠立

これを発見して、これを修行し、成仏法として、ほぼ完成した。霊障を発したホ トケを成仏させ得るのは、この「釈尊の成仏法」しかないのである。

もちろん、「如 意宝珠法」自体のなかに、成仏法が入っているが、 霊障まで発しているホトケを完全 成仏させるためには、「釈尊の成仏法」を併修して、万全を期すべきだと考えたので ある。霊障が少しでもあると、福徳宝生の徳は得られず、たとえ得ても、かえって自 分をきずつけることになるからである。

そして、それは、わたくしの考えた通りの結 果を得ることになったのである。

修法のしかた

「如意宝珠立」というのである。わたくしが勝手にいっていると思われては困るの で、『密教大辞典』を見ていただこう。こうある。

略して宝珠立ともいう、所修の本尊を如意宝珠の三昧に引入れて修する法を如 意宝珠立の法という。

わたくしの場合は、すこし違うが、こういう修法のしかたが、密教にはあるのであ

さて、生身の釈迦如来である真正仏舎利を本尊に、「如意宝珠法」と「成仏法」を 併修する。この法を、わたくしは「守護仏法」と名づけたのである。

なぜかというと、この法こそ、わたくしは、全仏教徒の総守り本尊を生み出す法で あると考えたからである。

この守護仏法をもって修法し、守護仏となった仏舎利尊を宝塔に奉安して、信徒にこのご宝塔を前に、一心に祈りをささげるとき、奇蹟的霊験が生ずるのは当然であそういうと、真正仏舎利がそんなにたくさんあるのか、おかしいじゃないか、とい

なぜ奇蹟が続出するのか?

われるかもしれない。そうではないのである。 「駄都法」の口伝によると、真正仏舎 利を本尊として、仏舎利をかたどった霊石・霊木に法を修するとき、これら霊石・霊 木は、ただちに真正仏舎利と同等になるのである。(ただし、本尊はかならず真正の 仏舎利でなければならない)

信徒は、ひとりひとり、真正仏舎利をいただいて祈るのである。 本尊・法、ともに 最高のものである。奇蹟が起きてあたりまえ、

「私」がいっさいないからだ。すべて、本尊・法、ともに、仏さまの御意志によ って成ったものだからである。 どこにも、「私」がないのだ。すべて「仏意」によ って成ったのである。

奇蹟ということばを使うならば、まず第一に、阿含宗が真正仏舎利を奉戴すること になったそもそものはじまりから、奇蹟が起きていたのである。

この真正仏舎利は、さきにちょっとのべたように、スリランカ国から拝受したので あるが、これは、わたくしのほうからお願いしたのではないのである。 スリランカ国 のほうから、お申し出があったのである。 最初、わたくしは信じなかった。 いや、信 じられなかった。 一笑にふしたのである。 それまで、わたくしは、スリランカにはいかなる知己もなかったのだ。寝耳に水、 一笑にふした。 しかし、真実と知って呆然と し、次いで、狂喜した。真実と知ってからも、何度か疑った。 どうして、こういうこ とになったのだろうか? ふしぎでふしぎでならなかった。

しばらくして、その事情らしいものを耳にして、なるほどと思った。 くわしくは知 おわらないが、最初、ある思惑を持った大教団が関係し、さいごにその思惑が外れて結 局、阿含宗がいただくことになったということらしいのだ。それを聞いた刹那、 わた くしは、「仏意だ」と感じた。いろいろなことがあったようだが、その経緯に、仏さ まのご意志を感じたのである。 わが教団に真正仏舎利がおまつりされるようにとの すべて仏さまのご配慮であると思った。

第二の奇蹟は、さきにのべた小田慈舟大僧正猊下の、「如意宝珠法」伝授である。

守護仏とはどういう仏か?

Nyoi Hoju Stand

I discovered this, practiced this, and almost completed it as a Buddhist law. It is only this “Shakyamuni Buddha’s law” that can make his toke, who has given off spiritual obstacles, attain Buddhahood.

Of course, the “Nyoi Hojuho” itself contains the method for attaining Buddhahood, but in order to completely attain Buddhahood even for those who are even suffering from spiritual disturbances, it is necessary to take all possible measures by simultaneously practicing the “Shakyamuni Buddha’s method for attaining Buddhahood.” I thought he was. This is because if one has even the slightest psychic disorder, one cannot obtain the virtues of happiness and good fortune, and even if one does, it will only harm oneself.

And it turned out to be exactly what I had envisioned.

How to repair

It is called ‘Nyoi Hojuryu’. I don’t want him to think that I’m saying this on my own, so let’s take a look at the “Esoteric Buddhism Encyclopedia”. There is this.

It is also called Hojuryu for short.

My case is a little different, but there is this way of training in Esoteric Buddhism.

By the way, we will practice “Nyoihojuho” and “Jobutsuho” at the same time, with the true Buddha reliquary, which is the living Shaka Nyorai, as the principal image. I named this law “Protective Buddhism”.

The reason for this is that this is the law that he believes is the one that creates the total guardian deity of all Buddhists.

It is only natural that miraculous miracles will occur when believers pray in front of this treasured pagoda, enshrining the Buddha Sharison, who has become a guardian Buddha, in a treasured pagoda. I wondered if it was strange that there were so many Buddha relics.

Why do miracles keep happening?

may be It is not so. According to oral traditions of the Dadoho, when the Buddha’s reliquary is the principal object of worship and a sacred stone or tree resembling the Buddha’s reliquary is used to perform the ritual, these relic stones or trees will immediately become equivalent to the genuine Buddha’s relic. . (However, the principal image must be a genuine Buddhist reliquary.)

Each believer receives a genuine Buddha relic and prays. Both the honzon and the Dharma are the highest. Miracles happen naturally,

Because there is no “I”. This is because both the principal image and the Dharma were created by the will of the Buddha. There is no “I” anywhere. Everything was created by the “Buddhist intention.”

If we use the word miracle, first of all, miracles have been occurring from the very beginning when the Agon sect came to enshrine genuine Buddha relics.

As I mentioned earlier, he received this genuine Buddha reliquary from Sri Lanka, but I did not ask for it. There was an offer from Sri Lanka. At first I didn’t believe it. I couldn’t believe it. I laughed at it. Until then, I had no acquaintances in Sri Lanka. I fell asleep and burst into laughter. But when he learned the truth, he was stunned, and then he was overjoyed. Even after knowing the truth, I doubted it several times. How did he end up like this?

After a while, I heard something that seemed to be the circumstances, and I thought I see. I don’t know the details, but it seems that at first it was related to a large cult with a certain purpose, but in the end, that purpose was lost, and in the end, the Agon sect was awarded. The moment I heard it, I felt that it was the Buddha’s intention. It seems that many things happened, but in the circumstances, I felt the will of the Buddha. He thought that it was all the consideration of the Buddha to have a genuine Buddha enshrined in our sect.

The second miracle is the teaching of the Nyoihoju method by His High Priest Jishū Oda, mentioned earlier.

What kind of Buddha is the guardian Buddha?

http://cyber-price.com/buddha/

Buddha  Japan Journal

Buddha Japan journal

日本の仏教を発信しますSend Japanese Buddhis

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です